エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

スマートグリッドによるスマートコミュニティの実現

スマートグリッドによるスマートコミュニティの実現

自然エネルギーなどの多様なエネルギーが登場し、既存の電力を含めてエネルギー全体をネットワーク化するシステムづくりが始まっています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

スマートグリッドの構築

スマートグリッドというのは、「賢い送電網」の意味で、情報通信技術を使って電力を需要と供給の両面から制御する仕組み。

天候によって発電量が変わる太陽光や風力発電の不安定さを補う狙いがある。

さまざま電力を網の目のようにネットワーク化するシステムで、電力の利用を効率化し、地域全体で最適な利用を実現するものです。

水力・火力など既存の発電施設と風力・太陽光発電など新エネルギーによる分散型電源を制御し、効率・品質・信頼性の高い電力供給システムの構築を目指す。

地球温暖化対策の一つとして各国で取り組みが進められています。

2009年に米国大統領オバマがグリーンニューディール政策の一つとして掲げ、注目を集めました。

 

 

自然エネルギーの電力は、分散型電源

日本の電力システムは従来、火力、水力、原子力発電が中心で、大きな発電所から、需要家に電力が一方的に送られてくる体系でした。

現在もそうですが、近年、太陽光発電、風力発電、バイオマス発電など、自然エネルギーの電力が導入され、さまざまな地域で電力が作られるようになりました。

これら自然エネルギーの電力は、分散型電源と呼ばれ、従来の火力、原子力のような、遠隔地の大規模集中型電源に対する電源とされています。

大規模集中型電源は、非常に効率がよい半面、東日本大震災で明らかになったように、いったん災害が起きると、広範囲の地域に停電などの影響が及びます。

分散型電源の場合は、停電などの影響は最小限の範囲にとどまります。

しかも、電気は貯めておくことができないので、需要と供給を常にバランスさせる必要があります。

従来の大規模集中電源では、需要のピークに備えた電源を作る必要があるため、設備コストは非常に大きなものになります。

需要のピークは、エアコンが一斉に稼働する猛暑の数日間など、年間のうちでも限られた期間です。

そのための発電設備を作ることは、大変ムダであるといえます。
そうした設備コストは、最終的には、電気料金に上乗せされるため、電気料金上昇の要因にもなります。

 

 

スマートグリッドの仕組み

スマートグリッドは、大規模集中型電源と分散型電源をネットワークでつなぎ、IT(情報通信)技術を活用して、電力の需要と供給を自動的に管理する仕組みです。

太陽光発電などの自然エネルギー発電が過剰になった場合、大規模集中型電源の発電を抑え、逆の場合は、発電量を増やすと言った需給管理が効率よく行えるのです。

さらにIT技術によって、消費者と発電事業者との双方向通信が可能になり、需要ピーク時には、エアコンの節電を求めることもできます。

また、天気予報をもとに、家庭の太陽光発電電力を調節することもできるようになります。
節電が自動的に行われ、電力の供給が過不足なく、最適利用が実現する社会は、スマートコミュニティと呼ばれます。

スマートグリッドによるスマートコミュニティの実現は、もうすぐやってくると思われます。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

自然エネルギーなどの多様なエネルギーが登場し、既存の電力を含めてエネルギー全体をネットワーク化するシステムづくりが始まっています。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。