エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電気事業における二酸化炭素排出抑制対策

電気事業における二酸化炭素排出抑制対策

現代社会において、エネルギーと環境は分けて考えることはできない問題です。

エネルギー転換における非化石燃料の利用、高効率の発電設備の設置、などが二酸化炭素削減に大きく係わっています。

1970年代以降、日本の電力消費は増え続けています。

これに対し、発電による二酸化炭素の排出量は少しながら抑えられています。

今回は、電気事業における環境行動計画についてみていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

行動計画

1996年、電気事業連合会関係12社(北海道電力株式会社、東北電力株式会社、東京電力株式会社、中部電力株式会社、北陸電力株式会社、関西電力株式会社、中国電力株式会社、四国電力株式会社、九州電力株式会社、沖縄電力株式会社、電源開発株式会社、日本原子力発電株式会社)は、環境問題を最重要課題の一つとして、地球温暖化対策や循環型社会の形成などへの取り組みの方針と計画を「電気事業における環境行動計画」にまとめました。

「電気事業における環境行動計画」は、地球温暖化対策や循環型社会の形成などに対する取り組み方針や計画等をまとめたもので、経団連が掲げる「低炭素社会実行計画」や「環境自主行動計画[循環型社会形成編]」に組み込まれています。
。1998年以降、毎年フォローアップが行われています。

その計画の透明性の確保と確実な目標達成、実施状況や進捗状況を確認するため、1998(平成6)年度以降毎年フォローアップを行っており、2015(平成27)年9月に、18回目を実施しました。

二酸化炭素排出抑制対策

二酸化炭素排出抑制対策は、電気の供給面、使用面、研究開発への取り組みなどに分けます。

このうち発電における対策は、電気の供給面での取り組みであり、原子力発電の推進、火力発電熱効率の向上、再生可能エネルギーの開発、普及などが具体的な取り組みとして行われています。
風力や太陽光は、エネルギー密度が低い、天候の影響を受けやすい、初期投資コストが高いなどの問題が導入の妨げになっていますが、蓄電池の高性能化や系統連携をスムーズに行うための研究など、さまざまな取り組みが行われています。

2030年に向けた取り組み

今日の我が国においては、リデュース(発生抑制:Reduce)、リユース(再使用:Reuse)、リサイクル(再生利用:Recycle)の3Rを進めることによって、環境への負荷が少ない「循環型社会」の形成に向けた取組みが進められています。

2015年7月、電事連関係12社および特定規模電気事業者(新電力)有志は、低炭素社会の実現に向けた新たな自主的枠組みを構築しました。

今後、実施状況を毎年フォローアップしていくことを通じて、低炭素社会の実現に向けて一層努力してまいります。

スポンサードリンク

電気事業における地球温暖化問題に対する考え方

地球温暖化対策を進める上では、安全確保の「S」を大前提とした、エネルギー安定供給、経済性、環境保全(3つのE)」の同時達成を目指す「S+3E」の観点から、最適なエネルギーミックスを追求することを基本として、「供給側のエネルギーの低炭素化」、「お客さま側のエネルギー利用の効率化」という需給両面での取組みを推進しています。

 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。