エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

新エネルギー利用等債務保証制度とは、新規引き受けを停止

新エネルギー利用等債務保証制度とは、新規引き受けを停止

太陽光発電や風力発電、バイオマスなどといった新エネルギー事業には、だが区の資金が必要になります。
補助金や自己資金で不足する部分については、基本的に金融機関からの融資に頼ることになります。

しかし、中小企業の場合、一般に財務基盤が脆弱である上に、新エネルギー事業は設備導入コストが高く、また、新エネルギーの将来的な事業性や与信リスクの評価には、専門的な知識が必要であるため、融資そのものが受けにくいという現実があります。

そこで、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO )がその知識と経験を生かし、新エネルギー事業を行おうとする事業者に対し、金融機関からの借り入れに際して責務保証を行おうとするのが、新エネルギー利用等責務保障制度です。

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

新エネルギー利用等責務保障制度

太陽光発電、風力発電、太陽熱利用、温度差エネルギー利用、雪氷熱利用、バイオマス発電、バイオマス熱利用、バイオマス燃料製造、農業用水等を利用する小規模な水力発電(1,000kW以下に限る)および地熱発電(バイナリー・サイクル発電方式に限る)について、その加速的な導入促進を図るため、「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」第8条により主務大臣の認定を受けた利用計画を実施する事業者に対して、金融機関からの借り入れに対して債務保証を行っています。

(平成22年7月1日新規引受停止)

NEDOとは

NEDOは、「エネルギー・地球環境問題の解決」や「産業技術力の強化」実現に向けた技術開発の推進を通じて、経済産業行政の一翼を担う、国立研究開発法人です。
自ら研究者を雇うのではなく、技術開発マネジメント機関として、産学官が有する技術力、研究力を最適に組み合わせ、リスクが高い革新的な技術開発、実証を推進してイノベーションを社会実装することで、社会課題の解決や市場創出を目指します。

 

NEDOのミッション

エネルギー・地球環境問題の解決

新エネルギーおよび省エネルギー技術の開発と実証試験等を積極的に展開し、新エネルギーの利用拡大とさらなる省エネルギーを推進します。
さらに、国内事業で得られた知見を基に、海外における技術の実証等を推進し、エネルギーの安定供給と地球環境問題の解決に貢献します。

 

産業技術力の強化

産業技術力の強化を目指し、将来の産業において核となる技術シーズの発掘、産業競争力の基盤となる中長期的プロジェクトの実施および実用化開発における各段階の技術開発に取り組みます。その際、産学官の英知を結集して高度なマネジメント能力を発揮することで、新技術の市場化を図ります。

NEDOの役割

NEDOの技術開発マネジメントでは、プロジェクトの企画・立案から、実施者の公募等により産学官の強みを結集した体制構築を行い、プロジェクトの運営にあたっては適宜、開発目標を見直しつつ、研究開発成果の最大化を図ります。

 

スポンサードリンク

NEDOが行う導入普及業務

 

エネルギー使用合理化事業者支援事業(H10~)

民生部門等地球温暖化対策実証モデル評価事業

地域新エネルギー等導入促進事業

新エネルギー等事業者支援対策事業

地域地球温暖化防止支援事業

クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金

新エネルギー・省エネルギー非営利活動促進事業
(H12~H14は草の根支援事業)

環境調和型エネルギーコミュニティ形成促進事業
【主として発電事業に係るもの】(H5~H13年度)

エネルギー需要最適マネジメント推進事業(H13~H17年度)

 

 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。