エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

エネルギー関連の税制、省エネ改修による所得税額の特別控除

エネルギー関連の税制、省エネ改修による所得税額の特別控除

省エネ改修による所得税額の特別控除とは、自宅をリフォームしたとき、一定の省エネ改修工事の行って、居住を開始した場合、その住宅の省エネ改修工事費の一部について、所得税から控除できる減税制度です。

また、エネルギー需給構造改革推進投資促進税制とは、法人が指定期間内に新品のエネルギー需給構造改革推進設備などを所得、あるいは製造・建設をして、その日から1年以内に、日本国内にある法人が営む事業に利用した場合、事業を行って年度で特別償却あるいは税額控除を選択して適用する制度です。

suponsarink
スポンサードリンク

 

省エネ改修による所得税額の特別控除

 

省エネ特定改修工事特別控除制度

省エネ特定改修工事特別控除制度とは、ローンを組まずに自己資金だけで行っても所得税の還付が受けられます。

控除期間は1年、工事を行った年のみ適用となって、工事にかかった費用の額と、その工事にかかる標準的な工事費用相当額とのいずれか少ない金額が控除対象になります。

その金額の10%を所得税から控除します。

控除対象の限度額は200万円で、太陽光発電設備を設置する場合は限度額は300万円になります。

 

省エネ改修促進税制

省エネ改修促進税制とは、住宅リフォーム・ローン減税制度の特例で、省エネ改修にかっかった費用の借入金について、年末残高の2%が5年間にわたって所得税から控除されます。

また、同時に行った一定の省エネ改修工事以外の増改築などにかかる費用の借入金についても年末残高の1%が5年間所得税から控除されます。

省エネ住宅の建築と並んで省エネリフォームは、生活の快適度が向上するだけでなく、冷暖房や給湯などで消費されるエネルギーの抑制、ひいては日本全体のエネルギー消費量の削減、さらに地球規模での環境問題のも貢献できます。

 

エネルギー需給構造改革推進投資促進税制

エネルギー需給構造改革推進投資促進税制の対象となるのは、

青色申告をする法人

中小企業者または農業協同組合などで青色申告を提出する法人

です。

エネルギーの安定供給の確保、地球温暖化対策など、我が国のエネルギー需給を巡る情勢変化に対応するため、省エネルギー設備、新エネルギー設備などの導入を税制面から支援するエネルギー需給構造改革推進投資促進税制(エネ革税制)が平成4年度に創設されました。

エネルギー需給構造改革推進投資促進税制は時限付措置でありながら、その有効性が認められ平成21年度税制改正において平成24年3月31日まで2年間延長されるとともに、緊急経済対策として即時償却が平成23年3月31日まで認められています。

スポンサードリンク

対象となる設備

対象となる設備は、省エネルギー性が高く、エネルギー利用効率の高い設備などで、廃熱を有効利用する機械、廃エネルギーを回収する機械、電気の動力や熱への変換を合理化する機械、太陽光や風力など石油以外のエネルギー資源を利用し環境への影響も少ない機械や設備、断熱やエネルギーの有効利用など省エネを考慮された建築物などです。

まとめ

 

省エネ改修による所得税額の特別控除が個人の住宅における新エネルギー利用を促進するための税制であるのに対し、エネルギー需給構造改革推進投資促進税制は、企業に対する新エネルギー利用を促進するための税制なのですね。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。