エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金

国による太陽光発電導入拡大の補助、

住宅用太陽光発電の補助の対象となるのはどの費用なのでしょうか。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

補助金

住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金は、住宅用の太陽光発電システムの市場拡大による価格低下を促し、更なる導入の拡大を実現するために設けた制度です。

一般社団法人太陽光発電協会JPEAが住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金交付要綱に基づいた補助事業者として、制度の執行に当たっています。

補助対象となる経費は、太陽電池モジュールとその利用に必要な装置や器具、設置工事費などで、住居として使用する建物に太陽光発電システムを新たに設置しようとする個人あるいは法人が対象となります。

 

補助を受ける要件

①太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること

②一定の品質、性能が確保され、設置後のサポート等がメーカ等によって確保されていること

③最大出力が10kw未満で、かつシステム価格が65万円/kw以下

補助を受けるときは以上の条件を満たす必要があります。

 

補助を受ける対象

補助対象となる経費は、太陽電池モジュールとその利用に必要な装置や器具などで、太陽光発電システムの太陽電池モジュール、架台、インバータ、保護装置、接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器、余剰電力販売用電力計、配線、配線器具の購入、据付、設置工事費が補助対象になります。

 

スポンサードリンク

 

補助金を利用する場合

申請者は申請に必要な書類をJPEAの下部組織であるJ-PECに送付します。

申し込み時に必要な書類
・補助金申込書

・工事請負契約書の写し

・工事内訳書兼重要事項確認書

・印鑑証明書

J-PECでは申請書類を審査し、補助金交付が決定されると、J-PECから申請者に「受理決定通知書」が送られます。

申請者は、太陽光システム設置工事を行い、電力需給開始後に、J-PECに補助金交付申請書を送付して補助金の交付申請を行います。

交付申請時に必要な書類

・補助金交付申請書

・住民票

・印鑑証明

・設置写真

・設置に係わる領収書の写し

・電力需給契約確認書の写し

・出力耐批表

その書類を元に審査が行われ補助金が決定し、支払いが行われます。

助成によって太陽光発電の導入が進み、その結果太陽光発電システムの価格が下がってさらに導入が進む、といった流れが期待されています。

対象システムつきの住宅を購入する際の建売用制度もあり、必要な書類が異なります。

 

 

まとめ

 

今回は住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金についてきましたがいかがでしたか?

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。