エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

エネルギー政策基本法とエネルギー基本計画

エネルギー政策基本法とエネルギー基本計画

資源やエネルギーの多くを海外に依存する日本は、その安定供給と環境への影響を考えなくてはなりません。

エネルギー政策基本法とエネルギー基本計画についてみていきましょう。

 

エネルギー政策基本法

2002年にエネルギー政策を進める上で必要な枠組みとしてエネルギー政策基本法た制定されました。

ここではエネルギーの需給にかかわる政策についての基本方針を定め、安定供給の確保、環境への適合、およびこれらを十分に考慮したうえでの市場原理の活用を基本方針として掲げ、国や地方公共団体、事業者の責務を明確にするとともに、国民の努力、国、地方公共団体、事業者、国民の相互協力、国際協力の推進、知識の普及などについて定めています。

さらに同法では、エネルギーの需給に関する基本的計画としてエネルギー基本計画を定めなくてはいけないと規定されています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

エネルギー基本計画

エネルギー気本家核はエネルギー政策基本法に基づいて2003年に策定されました。

この計画は少なくても3年ごとの検討、さらに、必要があるときは計画の改定を行うことが定められています。

2010年の改定では、エネルギー政策の基本とされるエネルギーセキュリティー、温暖化対策、効率的な供給に加えて、経済成長の実現、エネルギー産業改革についてのあり方が、基本的視点として加えられています。

また、エネルギー政策は中長期的な視点で取り組む必要があることから、エネルギー需給改革、経済成長といった点から重要な事柄について目標が掲げられています。

 

スポンサードリンク

 

エネルギー基本計画の基本的視点

①総合的なエネルギー安全保障の強化

②地球温暖化対策の強化

③エネルギーを基軸とした経済成長の実現

④安全の確保

⑤市場機能の活用等による効率性の確保

⑥エネルギー産業構造の改革

⑦国民との相互理解

エネルギー政策基本法に基づいて定められたエネルギー基本法は
安定供給の確保
環境への適合
と、それを考慮したうえでの
経済的効率性
の実現が目標とされ、そのために踏まえるべき7つの基本的視点が示されています。

 

 

まとめ

 

今回は「新・国家エネルギー戦略」と「新エネルギーイノベーション計画」についてきましたがいかがでしたか?

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。