エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式

E = hc/λ[J]
= hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
h = 6.626*10^-34[J・s]
e = 1.602*10^-19[C]
c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
E≒1240/λ[eV]
となります。

 

エネルギーと波長の換算

例題 1 波長λ=400 nm の光のエネルギーを eV と kJ/mol の 2 種類で記せ。
プランク定数 h: 6.62608×10-34 Js
真空中での光速 c: 2.99792×108 m/s
電気素量 e: 1.60218×10-19 C
アボガドロ定数 NA: 6.02214×1023 /mol
解答 光子(フォトン)1 個のもつエネルギーは hν。ここでνは振動数、ν=c/λ。
光子 1 個のエネルギーは

(光子 1 個の場合は eV(エレクトロンボルト)で表わす習慣。1 eV=1.602×10-19 J)
光子 1 mol に換算すると
4.996×10-19×6.022×1023=300.9 kJ/mol
(答)3.119 eV 300.9 kJ/mol

 

スポンサードリンク

まとめ

 

今回は太陽電池の種類と特徴についてみてきましたがいかがでしたか?

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。