エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

光電効果の式

光電効果の式

アインシュタインの光電効果の式と呼ばれることも多い.光電効果*はヘルツによって発見されたものであるが,その機構はなかなか判明しなかった.光が粒子性をもつというアインシュタインの光量子仮説によってはじめて解明されたといえる.固体表面から放出される光電子のエネルギーは

E=hν-W

の形で表される.ここで ν は入射光の振動数,W は仕事関数と呼ばれる量で,固体から電子を引き抜くのに必要なエネルギーである.

光電効果の式、

hν=W+K(h=プランク定数,v=光子の振動数,W=仕事関数,K=電子の運動エネルギー)
を変形し、

K=-W+hv

この逆光電効果は、エネルギーを持った

電子が金属に衝突しX線などの電磁波を放出し、その際電子が仕事関数分のエネルギーを吸収する

普通にK+W=hνと書いて、金属中では、金属に入射する電子のエネルギーは、運動エネルギーと仕事関数の和になり、そのエネルギーがすべて光子を作るエネルギーに変換されると、先の式が成り立ちます。

もっとも、エックス線の場合、Wが数[eV]程度で、Kが[keV]以上になるのでWは無視できます。

スポンサードリンク


 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。