エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽光発電の用途、ソーラーカーレース

太陽光発電の用途、ソーラーカーレース

車体に太陽電池モジュールを搭載し、モーターを回転させて走る野がソーラーカーです。

19世紀の終わりにセレン光電池が発明されたが、その変換効率は悪く、カメラの露出計などに用いられる程度で、発電した電力の動力への転用はないものでした。

しかし、20世紀に半導体技術の進歩により、単結晶シリコン太陽電池や薄膜のアモルファスシリコン太陽電池が発明されました。

世界各地でソーラーカーの研究が始まりました。

1985年、世界初のソーラーカーレースのツール・ド・ソルがスイスで開催され、1992年、日本で鈴鹿でソーラーカーレースがはじまりました。

 

suponsarink
スポンサードリンク

ソーラーカーレースの意義

 

ソーラーカーの開発には電子工学や機械工学の知識が要求される。

また理論と実践の乖離を狭める効果もある。

そのため、多くの工科系の大学、学部が参戦している。

また、レースの戦術には刻々変わる気象も織り込んだレースマネジメントを行わなければならないため、戦術的思考やマネジメント能力も要求される。

ソーラーカーの開発を通じて問題解決能力が向上し、技術的な視野が広がり、活動を通じてチームワークの重要性を認識することにもなる。

近年高まる環境問題に関して工学的見地に基づいた解決策を見出すことが期待される。

 

ソーラーカーレース

ソーラーカーレースは、車の表面の太陽電池パネルから得られる太陽エネルギーによって動く電気自動車であるソーラーカーによる競技です。

このようチャレンジは、しばしば工学や技術的なスキルをもった学生を育成するために大学によって行われだけでなく、過去には多くの企業によって行われた。

高校生のためだけに設定されたレースに、少数の高校チームも参加している。

世界各地でソーラーカーによるレースが行われている。

特にここに登場するソーラーカーをレーシングソーラーカーなどと呼んで、コミュータ目的の実験的なソーラーカーと区別することがある。

主な大会としてオーストラリアで開かれるワールド・ソーラー・チャレンジ(WSC)やアメリカのサンレース、スイスのツール・ド・ソル、日本の鈴鹿サーキットで行われるFIAカップのソーラーカーレース鈴鹿、大潟村にあるソーラースポーツラインで行われるワールド・ソーラーカー・ラリー(WSR)&全日本ソーラー&FCカーチャンピオンシップ(JISFC)、南アフリカ共和国のサウス・アフリカン・ソーラー・チャレンジなどがある。

このうち、大潟村のWSR、オーストラリアのWSC、アメリカのサンレースを合わせて「世界三大ソーラーカーレース」と呼ぶこともある。

 

ワールド・ソーラー・チャレンジ

ワールド・ソーラー・チャレンジ(英語: World Solar Challenge)とはソーラーカーのレースであり、総延長3021 kmのオーストラリアの砂漠地帯を北のダーウィンからアデレードまで走破するものである。

レースの参加者は世界中から集う。最も多いのは大学と企業で高校の参加もある。

1987年に開催されて以来26年の歴史がある。

以前は企業のワークスチームが優勝していた時期もあるが、近年は企業の支援を受けた大学のチームが優勝する例が多い。

2009年は、電気自動車や燃料電池車などの環境車を含めたグローバル・グリーン・チャレンジ(Global Green Challenge)のソーラーカー部門として開催されることとなった。

しかし、その次の2011年大会以降は元のワールド・ソーラー・チャレンジの名称に戻された。

2011年の大会では東海大学チャレンジセンターのTokai Challengerが優勝し、2連覇を達成した。

2015年は1、2位がオランダのチームで日本のチームで最上位の東海大学は3位だった。

2017年は、多接合化合物太陽電池を搭載したNuon Solar Team、ミシガン大学、パンチパワートレインが1~3位を独占し、シリコン太陽電池を搭載した東海大学、Twente大学、西シドニー大学が4~6位となった。

スポンサードリンク

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。