エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

住宅用太陽光発電システムの導入

住宅用太陽光発電システムの導入

太陽光発電の要である太陽電池モジュールは、大きく分けて屋根置き型と屋根材型があります。

今回は、一般的な屋根置き型の施行の流れについて解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

施行の前に

電力会社への連絡
系統連系の申請
系統連系開始前には電力需給契約などを行う必要があります。

 

 

設置場所の確認

 

まず、屋根および建物が、太陽光発電システム取り付け後の荷重に耐えられる構造と強度であることを確認します。

荷重の基準は建築基準法によって定められています。

この段階で不適とあれば、構造の強化などの処置が必要になります。

つぎに、屋根の向きと周囲の環境を確認します。

設置場所は原則として南向きで、日当たりがよく、周囲に影を作る障害物のない場所を選びます。

 

架台の設置

強度に問題がなく、設置場所も決まったら、太陽電池モジュールを取り付けるための架台を設置します。

架台および設置のための支持金具は、屋根での長期間の使用に耐える素材で作られます。

 

 

機器の設置

パワーコンディショナーや分電盤、電力量計等などの設置

各システムに必要な機器を適切な場所に設置します。

系統連系型の場合、分電盤は太陽電池側と既存電力網側の両方にブレーカーのついた専用の分電盤を使用し、また、売電を行う場合には買電用と売電用の2つの電力量計が必要です。

 

 

配線工事

最後に、各機器の間および屋内配線や既存電力網をつなぐ配線工事を行い、竣工検査や系統連系の試験を行い、その後運転を開始します。

スポンサードリンク

 

一時の停滞

出力10kW未満の住宅用太陽光発電システムについては、2005年度に国の補助金が終了した際に導入が低調となり、その後3年間の国内需要の低迷により国内メーカーの世界市場における相対的な地位の低下を招きました。

しかし、2008年度の補正予算で補助金制度が復活してからは導入量が増加に転じ、特に2009年度以降は大幅な増加が続いています。

大規模太陽光発電所

2011年3月に東日本で発生した大震災に伴う福島第一原子力発電所の放射能漏れ事故により、クリーンエネルギーへのシフトがより進む可能性も高く、太陽光発電の重要性は今後更に高まっていくと考えられます。

また、2012年7月から施行された固定価格買取制度も太陽光発電拡大の追い風となっています。

固定価格買取制度の導入前はメガソーラー建設の大半を電力事業者が行っていましたが、固定価格買取制度導入後は、これまで太陽光発電事業に参入していなかった様々な業種の企業がメガソーラー建設に乗り出し数十MWから100MWという大規模な太陽光発電所の建設も進んでいます。

設置事業者の裾野が広がったことにより太陽光発電の導入規模も大きく伸長し、固定価格買取制度開始以降、2012年10月末までの4カ月間だけでも合計1,000MW以上のメガソーラー発電所が経済産業省より認定されています。

 

まとめ

 

これからの時代、お子様も楽しく、よりエコな太陽光発電に近い環境で生活を送る事になるので、こういった身近な監視システムは未来への投資といえるでしょう。

是非、太陽光発電システムを検討されている方も、既に導入済みの方も、更に安心な太陽光生活を送ってみてはいかがでしょうか。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。