エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽光発電システムのさまざまなメリット

太陽光発電システムのさまざまなメリット

太陽光発電は、太陽の光を直接エネルギーに変える発電方法です。

その、無尽蔵でクリーンな太陽光発電のメリットはどこにあるのでしょうか?

太陽光発電の利点について解説していきます。

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

二酸化炭素排出の減少

太陽光発電の1kwhあたりの温暖化ガス排出量は、17~48gco2/kwhです。

化石燃料による火力発電の519~975gco2/kwhに比べると、圧倒的に少ないです。

10kWの太陽光発電システムを設置した場合、年間でおよそ3,188kgの二酸化炭素を削減できる計算になります。

これは、石油に換算すると約2,300リットル、森林面積にすると約9,000平方メートル分に相当します。

また、稼働中にほかの汚染物質の排出・発生も少ないです。

 

需要ピーク電力の削減

出力が変動するため既存の発電システムを完全に代替することはできないが、出力のピークが昼間の電力供給と重なるので、ピーク電力の削減に絶大な効果があります。

ピーク電力を減らしたぶん、化石燃料の消費量も減らすことができます。

削減効果は約660gco2/ kwhといわれています。

地球温暖化に対する抑制効果が高い。

環境負担

太陽光発電のシステムの太陽電池パネル部分の寿命は20年以上と言われ、システムに可動部分がほとんどないため、定期保守点検も容易です。
また、構成材料の大部分がリサイクル可能なので少ない二酸化炭素排出量とともに、環境への負担を減らします。

まだ量は少ないながら、欧州では専用のリサイクル機構(PV Cycle)も操業を開始しています。

日本ではリサイクルは現状ではアルミフレームや銅線などについて限定的に行われているのみだが、リサイクルを進めれば現状よりもさらに大幅に排出量が減ると見積もられています。

 

設置場所を選ばない

太陽光発電システムは、建築物の屋根、壁面等、日射量さえ確保できれば、土地を占有せずにどこでも設置することができます。

太陽光発電は、導入するシステムの規模に関係なく発電効率がほぼ一定です。

設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができるため、一般家庭から大規模施設まで、それぞれの施設に合ったシステムを設置することができます。

すると、需要地に近接して設置できるので、送電に伴うコストや電流の損失を減らします。

スポンサードリンク

 

蓄電池との併用

分散して設置された小規模な太陽光発電システムを、系統の安定性を考慮して送電網に接続する場合、自立運転機能付パワーコンディショナーや蓄電池を併用することで、不測の事態に対する電力の供給安定性を向上させることができます。
太陽光発電は、化石燃料によらないクリーンな発電方法である半面、悪天候時や夜間は発電ができないという欠点があります。
そのため、あなたが自宅に住宅用太陽光発電を設置したとしても、夜間は太陽光発電による電力をしようすることはできず、電力会社から購入する必要があります。

しかし、蓄電池導入により、昼間に発電した電力を蓄電しておくことができれば夜間や悪天候時であっても電力の自家使用分を賄うことができるようになるのです。

またこのように蓄電池があれば、災害時のバックアップ電源にもなります。

 

補助金がもらえる

太陽光発電は、固定価格買取制度という国からの支援をもらうことができる仕組みです。

固定価格買取制度(いわゆる全量買取制度)という国が定める制度でありながら、実際の財源は、電気の使用者たる個人や法人ということになっています。

再生可能エネルギー賦課金として、すべての電気利用者に課金されているものです。

 

まとめ

 

今回は太陽光発電のメリットを見てきましたがいかがでしたか?

こちらの記事もどうぞ↓↓

太陽光発電システムのさまざまなデメリット

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。