エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

プルサーマル計画の危険性はあるのか?問題点も知っておきたい

 

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

使用済みウラン燃料から回収された

プルトニウムをウランと混ぜ合わせ

MOX燃料を軽水炉で再利用する

ことを

「プルサーマル」

といいます。

限られた資源を有効的に利用する

方法ですが

それにはにはどのような問題

点があるのでしょうか、解説してい

きます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

プルサーマルとは

再処理工場に送られ、使用済みウラン

燃料から回収されたウランやプルトニ

ウムはどのように使われるのでしょう。

ウラン235は一般の原子炉で使う燃料

の原料に再び加工されます。

プルトニウム239はもし、高速増殖炉

実用化さたら、そこで使うところですが

別の考え方として「プルサーマル」が

うまれました。

軽水炉でプルトニウムを燃料としてつかう

方法です。

軽水炉を運転すると、ウラン235の核分裂

とともにプルトニウム239ができます。

このプルトニウムも核分裂を起こすので

軽水炉はウランとプルトニウムの核分裂

を利用して発電していることになります。

そこで軽水炉の燃料に、最初からプルト

ニウムを混ぜて使うことを考えました。

ただし、軽水炉はウラン燃料を利用する

ことが目的の設備なので、プルトニウムの

割合を多くできないのです。

 

使用済み燃料の再処理工場

せん断
使用済み燃料をせん断機で3~4cmに

切断します

溶解
硝酸という強い酸でとかし、燃料被覆管

などを取り除きます。

分離
ウラン、プルトニウムとほかの廃液に分け

ます。

この廃液は高レベル放射性廃棄物です。

精製
ウラン溶液プルトニウム溶液に含まれて

いる微量のほかの放射性物質を取り除き

ます。

脱硝
硝酸を取り除きます

製品貯蔵
できた製品は、再利用のため燃料原料製品

として、ステンレス容器に入れて貯蔵します。

 

スポンサードリンク

MOX燃料

再処理工場で回収されたウランやプルト

ニウムは再利用のための燃料原料製品に

なります。

この中でプルトニウムはウランを混ぜ合

わせMOX燃料に加工されます。

MOXとはウランとプルトニウムの混合

酸化物です。

軽水炉では安全性の問題から、燃料に

3分の1程度の割合で混ぜて使われます。

プルサーマルは今まで数か所の原子力

発電所で行われていましたが、本格的

には導入されていません。

 

 

プルサーマルの問題点

 

プルサーマルは使用済み燃料の再処理

に考えられたものですが問題もあります。

軽水炉に本来とは違う燃料を使うことで

事故の心配があるのです。

なぜならプルトニウムは核分裂のスピー

ドがかなり早く炉心の制御が難しいと言

われています。

また、プルトニウム自体の危険性もあり

ます。

プルトニウム239はアルファ線と呼ばれるhttp://housyasen-labo.com/35.html

放射線を出し人体に入り込むとガンを

引き起こす可能性が高いのです。

そのため万が一にも事故を起こさないよ

うに厳しい管理が必要です。

 

 

 

まとめ

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。