エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電磁力の意味、フレミングの左手の法則

電磁力の意味、フレミングの左手の法則

磁石の磁界と電流が作った磁界が影響しあい、電磁力が発生します。

そこで今回はフレミングの左手の法則と電磁力を利用したモーターの仕組みについて見ていきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

フレミングの左手の法則

磁石の磁界の中に通した導線に電流を流すと、電流が作った磁界と磁石の磁界が影響しあって、物を動かす力が生まれます。

これを、電磁力またはローレンツ力といいます。

このときの電流の向き、磁界の向き、電磁力の向きは、左手の中指、人差し指、親指をそれぞれ直角に交わるように伸ばした状態と対応しています。

これを、フレミングの左手の法則といいます。

磁石の磁界はN極からS極に向かいます。

電流が作る磁界は電流の向きの右回りになります。

導線の左側は、両方の磁界の向きが重なるので磁力は強くなります。

右側は磁界の向きが互いに反対なので磁力は弱くなります。

それで、導線には磁力の弱い右側に動きます。

 

フレミング

ジョン・アンブローズ・フレミングはイギリスの電気技術者、物理学者。
1904年、熱イオン管または真空管「ケノトロン 」を発明したことで知られている。
また、数学や電子工学で使われるフレミングの法則を考案した。
敬虔なキリスト教徒で、ロンドンの教会で復活の証拠について説教したことがある。

 

 

モーターに利用される電磁力

モーターは電気エネルギーを運動エネルギーに変える装置です。

モーターの連続する回転の仕組みは、電磁力を利用しています。

直流電流を利用する直流モーターは永久磁石と回転コイル、整流子、ブラシで作られています。

①電流を流すと、回転子コイルに磁界が発生します。

永久磁石の磁界と回転子コイルの磁界から、回転子コイルに電磁力が働き、回り出します。

②整流子の電気を通さない部分にブラシがふれ、回転子コイルの電磁力はなくなるが、回転子コイルは回転の勢いで回ります。

③整流子の電気を通さない部分を過ぎると、再び電流が流れて回転子コイルに電磁力が発生します。

回転子コイルは回転します。

④整流子の電気を通さない部分にブラシがふれ、回転子コイルの電磁力はなくなるが、回転子コイルは回転の勢いで回ります。

以上がモーターの仕組みでした。

また、整流子の電気を通さない部分がないと、電流の流れる方向が逆になるから、回転しコイルも逆方向に回転しようとします。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。