エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射性廃棄物の地層処分の深さはどれくらい?

放射性廃棄物の地層処分の深さはどれくらい?

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

放射性廃棄物とは原子力発電所など

の原子力施設から出る放射性物質を

含んだゴミです。

放射性廃棄物の処理には人体や環境

に悪影響を及ぼさないように特別な

方法で行います。

それにはにはどのような問題

点があるのでしょうか、解説してい

きます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

地層処分

地層処分とは地下300mより深い

安定した岩盤の中の処分場に特殊な

粘土で固めて埋設し、数万年以上厳重

に保管することです。

高レベル放射性廃棄物

↓↓

高温の溶けたガラスに混ぜ合わせ

ステンレス製の容器の中でかためた

ものがガラス固化体

↓↓

ガラス固化体を厚いステンレスの

容器に入れる

↓↓

周りを、水を通しにくい粘土で覆う

↓↓

深い地下の硬い岩盤の中の施設に

埋設する

 

 

 

地層処分は安全なのか

 

高レベル放射性廃棄物の処分について

さまざまな方法が検討されています。

廃棄物を宇宙空間に捨てる

海底に沈める

南極の氷の下に埋める

などです。

しかし、これらの処分方法は地層処分に

比べて安全性が低いと言われていて

採用されているものはありません。

ならば、地層処分なら安全なのでしょうか

一番の問題は地下水です。

どんなに厚いステンレス性の容器に閉じ

こめ、周りを粘土でおおっても、地下水

にさらされていれば、何千年、何万年の

あいだには、容器が腐食して、内部の

放射性物質が地下水に溶けださないとは

言い切れないですよね。

とくに、日本のように地下水が豊かな国

では、将来にわたって安全な場所を探す

ことは難しいです。

 

 

放射性物質の処分方法

高レベル放射性廃棄物の処分で考えられ

た方法はいろいろあります。

しかし、どれも安全性を立証されたもの

ではありません。

また、何らかの方法で、最終処分を行った

としても高レベル放射性廃棄物そのものを

なくすことはできないのです。

・人間によって管理していく方法

人の手によって長期管理は難しい。

将来の世代まで管理させる手間をかけて

しまいます。

・宇宙処分

ロケットを発射する技術の信頼性が十分

ではないのです。

・海洋底処分

ロンドン条約により禁止

海洋の環境を損ねる恐れがあります。

・氷床処分

南極条約により禁止

氷床の性質がまだ十分にわかってません。

・地層処分

ほかの方法に比べると問題が少ない

 

処分方法の現状

放射能が弱まるのに長い時間のかかる

放射性物質だけをとりわけ、原子炉など

の中で放射能が早く弱まる物質に変換す

る研究もおこなわれています。

しかし、技術的に完成できていないので

高レベル放射性廃棄物の処分方法で、

安全な方法はいまだ確立できていません。

 

 

 

まとめ

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。