エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

二次電池に電圧をかけると化学エネルギーを蓄えます。

二次電池に電圧をかけると化学エネルギーを蓄えます。

充電することで繰りかえし使用可能な電池のこと。
ニカドやニッケル水素、リチウムイオン等の小型電池や、鉛蓄電池等の大型電池がある。
デジタルカメラの二次電池は、単3形はニッケル水素、専用品はリチウムイオンが使用されるのが一般的。
リチャージャブルバッテリとも呼ぶ。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

二次電池

二次電池は繰り返し使える化学電池です。

このため、蓄電池や充電池とも言われます。

電池内の化学エネルギーを使い切っても、電圧をかけて化学物質を電気分解することで、化学エネルギーを蓄えられます。

おもに、鉛蓄電池、リチウムイオン電池があります。

 

鉛蓄電池

マイナス極に鉛、プラス極に二酸化鉛、電解質に希硫酸が使われます。

電解質の中の硫酸は電離して、プラスイオンの水素イオンとマイナスイオンの硫酸イオンになっています。

放電時には、マイナス極から鉛イオンが溶け出し、自由電子をマイナス極に残します。

自由電子は回路をとおり、プラス極で二酸化鉛、水素イオン、硫酸イオンと化学反応を起こし、硫酸鉛と水ができます。

マイナス極でも鉛イオンと硫酸イオンが化学反応を起こし、硫酸イオンができます。

 

 

鉛蓄電池の充電

鉛電池を放電し続けると、マイナス極とプラス極の両方が硫酸鉛で覆われてきます。

また、電解質の希硫酸も水によって薄まってきます。

そして最後には放電できなくなります。

これが化学エネルギーを使いきった状態です。

しかし、二次電池である鉛蓄電池は電圧をかけて充電することができます。

鉛蓄電池に電圧をかけると、マイナス極は硫酸鉛が自由電子を受けとって鉛と硫酸イオンになります。

プラス極では硫酸鉛と水が化学反応を起こし、二酸化鉛となり、水素イオンと硫酸イオンが溶け出し、電極に自由電子を残し、電気分解によって、鉛蓄電池はもとの状態に戻ります。

 

 

その他の蓄電池

二次電池はそのほかにニッカド電池とリチウムイオン電池があります。

ニッカド電池は、正式にはニッケルカドミウム電池といい、マイナス極にカドミウム、プラス極に水酸化ニッケル、電解質に水酸化カリウムが使われています。

電気の出力が大きく、安定して電力を供給できるのですが、カドミウムは有毒なので、使われるのは電動工具など業務用に使われています。

リチウムイオン電池は、マイナス極に炭素質素材を、プラス極にリチウム酸化物、電解質に炭酸エチレンとリチウム塩が使われます。

容量が大きく小型で軽量なため、携帯電話やノートパソコンなど電子・電気機器に使用されています。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。