エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

放射性廃棄物の処理は特別な方法でおこなう

 

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

放射性廃棄物とは原子力発電所など

の原子力施設から出る放射性物質を

含んだゴミです。

放射性廃棄物の処理には人体や環境

に悪影響を及ぼさないように特別な

方法で行います。

それにはにはどのような問題

点があるのでしょうか、解説してい

きます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

低レベル放射性廃棄物

放射性廃棄物は、放射能の強さに

よって

低レベル放射性廃棄物

高レベル放射性廃棄物

に分けられます。

 

 

気体・液体

放射能レベルが最も低いのは、建物を

換気した空気や作業着の洗濯に使った

水です。

 

これらは放射性物質をできるだけ取り

除いて、安全を確認して大気中に放出

したり、海に流したり、再利用したり

します。

 

 

布や金属など

次に放射能レベルが低いものは、作業

着や手袋、原子炉で使った布などです。

 

これらのうち燃えるものは焼却炉で燃

やし、煙はフィルターを通して、安全

を確認してから大気中に放出します。

 

燃やして出た灰はドラム缶に入れ、

プラスチックなどと混ぜて固めてから

発電所の敷地内の貯蔵庫に一時保管し

ます。

 

また金属類は切断したりとかしたりし

て体積を減らしてから、ドラム缶に詰

め、モルタルで固め、貯蔵庫に一時保

存します。

 

これらの廃棄物を詰めたドラム缶は

その後、青森県六ケ所村にある低レベル

放射性廃棄物埋設センターに運ばれ、

地中に作られた施設に埋設処分されます。

 

 

使い終わった制御棒

低レベル放射性廃棄物のなかで、放射能

レベルが比較的高いのが、使い終わった

制御棒です。

 

現在のところそれぞれの発電所内で一時

保管されています。

 

将来的には、地下50~100mの地中

に、コンクリートで建造物を作り

その中に特殊な粘土で固めて埋めることに

なっています。

 

 

スポンサードリンク

増え続けるドラム缶

低レベル放射性廃棄物といっても、危険な

ものであることに変わりありません。

 

六ケ所村の埋設センターにすでに運ばれた

ドラム缶の量は、すでに数十万本に上り

今も増え続けています。

 

 

 

 

まとめ

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。