エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

天然ウラン鉱石の埋蔵量とその価格

天然ウラン鉱石の埋蔵量とその価格

原子力発電の燃料として使われるウランは、ウラン鉱石にわずかに含まれています。

現在日本では、ウラン鉱石は採れないので100%輸入に頼っています。

天然ウランは、自然界にあるウラン資源(ウラン鉱石や海水に含まれるウランを含む)およびウランの同位体組成が自然界にあるウランと同一のものを指す。
ウラン金属およびその化合物(酸化物、フッ化物、炭化物、窒化物)を指す。濃縮ウランおよび劣化ウランとの対比で用いられる場合はこの意味で用いられます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

天然ウラン

ウランには質量数238と235の同位体があります。

掘り出されたウラン鉱石にはウラン238が約99.3%、ウラン235が約0.7%含まれています。

このうち、ウラン235は核分裂する放射性同位体で、原子炉で核燃料として用いられたり核兵器の主要な材料となります。

21世紀初頭現在、世界の原子力発電の主流は軽水炉でした。

採掘されたウランは軽水炉で使用するために濃縮工場でウラン235の濃度を高めて濃縮ウランにされて使われました。

濃縮ウランに対し、濃縮していないウランを天然ウランと呼びます。

 

 

ウランの埋蔵量

 

主要なウラン資源国は、埋蔵量の多い順にオーストラリア、カザフスタン、カナダ、南アフリカ、アメリカ合衆国などです。

なお、採掘可能な埋蔵量が推定400万トンの朝鮮民主主義人民共和国が確認埋蔵量1位のオーストラリアを上回る可能性がある。
日本でも岡山県・鳥取県の人形峠鉱床や、岐阜県土岐市の東濃鉱床が発見されたが、資源量過少により開発されませんでした。

日本国内の原子力発電所で用いるウランは100%輸入に頼っています。

また日本の資本による海外のウラン鉱山開発も行われています。

 

 

ウランの価格

 

ウランは地球上の地殻や海水中に広く分布しており銀の40倍、スズと同量が存在すると考えられています。

その内確認可採埋蔵量は547万トン、(資源エネルギー庁の試算、2007年時点でU3O8キロあたり130米ドルの採掘コストで。2007年度のウランの世界需要は約7万トン、2010年度のウランの平均スポット価格は44ドルでした)。

「ウラン(イエローケーキ)の価格は1980年には$32.90米ドルであったが90年には$12.55米ドル、2001年には$7.92米ドルまで下落した。その後上昇に転じ2010年には加重平均価格は$44米ドルとなっており先物は50米ドルで取引されている。」

 

スポンサードリンク

 

ウラン鉱床、岡山人形峠

昭和30年に、岡山人形峠で偶然ウラン鉱石が発見されました。

そこで、人形峠にウラン鉱石の採掘と、ウランを精製し原子力発電の燃料として利用するための研究所がつくられました。

ウランは自然の状態のものは、原子力発電には使えません。

ウラン鉱石から何度も精製を繰り返し、濃度を高くしてエネルギー源として使うことができるのです。

岡山人形峠では現在採掘も研究もされていません。

 

ウラン濃縮

 

天然に存在するウランは,ウラン 238ウラン 235 および微量のウラン 234 という同位体の混合物です。

このうち,核分裂を起こすのはウラン 235だけなので、ウランを核燃料として使用できるようにするには,ウラン 235の濃度を必要に応じた濃度にまで高めなければなりません。
ウラン元素の同位体はそれぞれわずかな質量の違いはあるが,化学的特性は同一なので,化学的な方法では分離しにので同位体間の質量の差を利用して分離するいろいろな方法が研究されています。
代表的なものとしては,運動速度の差を使うガス拡散法,ノズル分離法,質量差を直接使う遠心分離法,電磁法,電子エネルギー順位の違いを使うレーザー法,反応速度差を使うイオン法,光化学的分離法などがあります。

現在,大規模工業化では,ガス拡散法,遠心分離法によるプラントが中心ですがレーザー法などの開発研究も本格化しています。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。