エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原子力発電をなくす?これからのエネルギーを考えてみよう

原子力発電をなくす?これからのエネルギーを考えてみよう

原子力発電をなくすには、原子力で発電し

ていた電気を、別の発電方法でまかなう必要が

あります。

それでも、一つの発電方法でそのすべてをまか

なうには無理があります。

複数の発電方法を組み合わせて使っていくことが

求められています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

火力発電

原子力発電をなくすには、その分を別の発電方法

で補わなければなりません。

実際、原子力を減らし、天然ガスの火力発電で補って

います。

しかし、火力発電は発電するときに大量の二酸化

炭素を出します。

天然ガスなら、二酸化炭素の排出量は少ないので

今のうち、より効率的な発電を目指し、技術を高め

ていくことが望ましいです。

 

 

小規模発電所

 

再生化のエネルギーの利用を中心とした小規模な発電

所を、地域ごとに作ることが良いでしょう。

太陽光や風力、地熱、バイオマスなど、その地域にあ

った発電法を利用して、その地域の電力をまかなうた

めの発電所を作りましょう。

排出される二酸化炭素の全体量も減り、電力供給の

無駄をなくせば、日本全体の発電量も減るかもしれません。

 

 

将来のエネルギー

将来的に、再生可能エネルギーによる発電が広まれば

火力発電の割合は、徐々に減っていくでしょう。

将来のエネルギーを考えていかなくてはなりません。

最も大切なことは、一人一人が無駄なエネルギーを

使わないという意識を持ちましょう。

そして、私たちにとって、より良い暮らしができるよ

うにするのです。

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。