エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

バイオマス発電の今後とその可能性について

バイオマス発電の今後とその可能性について

バイオマスとは、生物がもとになった再生可能

な資源を指します。

これらを利用することで、エネルギーを作り出す

ことができるのです。

バイオマス発電は、廃棄物を有効に利用できるため

地球にやさしい発電方法です。

バイオマス発電の今後と可能性についてみていきま

しょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

バイオマス発電の可能性

 

動物のフン尿、家庭からの生ごみなど、生物に由来

する資源を「バイオマス」といいます。

薪や木炭など、昔から燃料に使われてきたものも含ま

れます。

これらを利用したエネルギーが、バイオマスエネルギー

です。
バイオマス発電は、バイオマスを燃やし、その熱で

発電機を回して発電する仕組みは火力発電と同じです。

バイオマスを燃やした時にも二酸化炭素は発生します。

しかし、火力発電と違って、バイオマスを燃やした時に

出る二酸化炭素は大気中の二酸化炭素を増やす原因には

ならないのです。

バイオマスを燃やした時に出る二酸化炭素は、もともと

植物が大気中から取り込んだものです。

そのため、植物の体に取り込まれた二酸化炭素がふたたび

大気中に出て行っても、二酸化炭素の全体量はかわらない

ということです。

家畜のフンを燃やした時も同じことです。

大気中にあった二酸化炭素が植物から家畜へ移ってきただけ

で二酸化炭素の全体量は変わらないのです。

このように、バイオマス発電は地球にやさしい発電方法とい

えます。

 

 

バイオマスの分類

バイオマスとして利用できるものは、大きく分けて、廃棄物

と栽培作物です。

廃棄物は、さらに分けられ、農林水産業から出る廃棄物

工場などから出る廃棄物、家庭から出る廃棄物。

農業の場合だと米作りで出たわらやもみ殻などです。

家庭からの廃棄物は生ごみやてんぷら油の廃油です。

栽培作物とは、サトウキビやトウモロコシ、海藻などを

食料としてではなくバイオマス用として栽培して利用する

ことを言います。

 

 

バイオマスの今後

 

建築用の木材を作るときに出る木くずなどを利用する

木質バイオマス発電

下水の汚泥を処理するときに出るガスを燃料とする

消化ガス発電

家畜のフンから発生させたメタンガスを利用する畜フン

発電、

家庭や事務所から出るごみを燃料とするゴミ発電など

バイオマス発電は分けられます。

各地に発電所ができています。

ゴミ発電は燃料を燃やすときの効率の低いことが問題

です。

ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせて発電効率

を上げるスーパーごみ発電もあります。

ゴミ発電は、廃棄物をただ償却するのではなく、発電

のための燃料として有効利用するリサイクルの一環と

して考えることもできます。

 

 

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。