エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

風力発電の今後とその可能性について

風力発電の今後とその可能性について

風の力で発電するのが風力発電です。

再生可能エネルギーの一つです。

大きな風車で風を受けて発電します。

風がエネルギー源なので、発電量は不安定

です。

海の上に風車を立てる研究も進んでいます。

そこで今回は、風力発電の今後とその可能性

についてみていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

風力発電の可能性

風力発電は、風の力で風車を回し、その回

転する力で発電機を回して発電する方法です。

風車は数枚の羽根があり、風向きによって

回転面の向きを変えることができます。

発電は風のエネルギーによるので、火力発電

のように二酸化炭素を出しません。

燃料に費用は掛かりません。

太陽電池と違って夜間でも発電できます。

発電にかかる費用も安く、工事も短期間で

済んでしまいます。

しかし、風車は風が吹かないと回らないので

発電できません。

そのため、安定して風が吹く場所を探し、風車は

たてられます。

風車のブレードが回転するとき、かなり大きな

音が出るので、人が住むところには建てられません。

台風が接近したときは、風車が壊れることを防ぐ

ため、ブレードの角度を変えられますが、それでも

強風によって壊れることもあります。

また、雷が落ちて壊れることもあります。

 

 

風力発電の今後

風力発電の風車の立てられる場所は、限られて

います。

そこで、陸上よりも風が強く、騒音なども問題も

関係がない海上に風車を立てる洋上風力発電が

考えられています。

洋上風力発電には、着床式と浮体式の2種類があり

ます。

着床式は海底に風車を固定する方法です。

浮体式は沖合の海に風車を浮かべて、チェーンで

つないでおく方法です。

日本では着床式の風車を立てる場所があまりない

ので、浮体式の風車が注目されています。

風力発電で日本の全電力を賄う計算もありますが、

風車を海の上にたくさん立てるには、その地域で

漁業に携わる人たちとの調整も必要です。

また、台風が来た時の心配もあります。

風力発電の今後は順調に発電することができたと

きに、発電した電気を蓄えておける蓄電設備が

整えられたら、将来有望な発電方法になるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。