エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

コンバインドサイクル発電のメリットと新しい化石燃料

コンバインドサイクル発電のメリットと新しい化石燃料

火力発電では、二酸化炭素の排出を抑え、

効率よく電気を作る技術が進んでいます。

今まで利用してこなかった、新しい化石燃料

も見つかっています。

これからの火力発電はどうなるのでしょうか。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

コンバインドサイクル発電

 

原子力発電の代わりになる発電方法は、天然

ガスの火力発電です。

火力発電は、燃料を燃やした時に二酸化炭素が

出ることが問題です。

コンバインドサイクル発電では、ガスと蒸気を

使って、2つのturbineを回すことによって効率

よく発電し、二酸化炭素の発生量を、従来より

も抑えられます。

限りある化石燃料を有効に使うためにも、こ

のような火力発電の方法が広まり、さらに改良

されることが期待されます。

 

 

コンバインドサイクル発電の特徴

始動時間が短い

ガスタービンエンジンの特徴として、同じ出力

の蒸気タービンよりも始動時間が短い。

熱効率が高い

ガスタービンの排気から熱を回収し、2重に発電

を行うため、エネルギー効率が高い。

 

冷却水量・温排水量が少ない。

熱効率が上昇する分、廃棄される熱エネルギーも

少なくなる。

 

 

新しい化石燃料

石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料は、使

い続けて入ればいつかはなるなってしまいます。

そこで、注目されている資源がメタンハイドレ

ートです。

メタンハイドレートはメタンという物質と水で

できたシャーベット状のものです。

火力発電の燃料として使うことができます。

メタンハイドレートは、深い海底の下などにあ

ります。

日本近海にもあるのです。

今後、メタンハイドレードを取り出す技術が

進めば、火力発電の燃料の一部を賄えることが

できます。

また、天然ガスも、もっと深い地層にある天然

ガスを利用できるようになるでしょう。

このガスは地下数千メートルのところにあるシェ

ールという岩石に含まれていて、シェールガスと

よばれます。

アメリカや中国などに大量にあります。

シェールには石油を含んだ部分も見つかっていて

取り出されて塊は、オイルシェールと呼ばれます。

ほかにも、粘り気のある石油の砂層から石油を

取り出しています。

これらはオイルサンドと呼ばれます。

しかし、問題もあります。

シェールガスやオイルシェールは、採掘の時に

出るメタンや水質汚染の問題があり、オイルサン

ドは石油を取り出すときに二酸化炭素を大量にだす

のです。

原子力発電の代わりになる火力発電でも問題がたく

さんあるのですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。