エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原子力発電へらして火力発電が増える

原子力発電へらして火力発電が増える

原子力発電をやめると電力は不足します

その分、天然ガスの燃料の発電がふえまし

た。

また、そのほか原子力発電で作られている

電気をほかの方法で作るとしたら、どのよう

な方法があるでしょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

電力不足にならないように

原子力発電には、安全性の問題など、様々な

問題があります。

しかし、原子力発電をただやめてしまえばいいと

いう訳にはいきません。

2011年の福島第一原子力発電所の事故以前は

日本の総発電量の約30%は、原子力発電で賄われ

ていました。

原子力発電をやめると、30%足りないことになり

ます。

電力が足りなくなった場合、どのような状況にな

るでしょうか。

東日本大震災で、各地の火力発電所や水力発電

所も、送電設備も被害を受けました。

それまでと同じように電気を使うと、供給できる

電力が足りなくなって、停電の心配もありました。

そこで、関東地区では、地域ごとに交代で時間帯

を決め、計画停電が実施されました。

また、夏に予想される電力不足にそなえ、節電が

呼びかけられました。

公共施設や会社などで照明を減らしたり

エスカレーターを停止したり、などの対策がとら

れました。

電力によって支えられている現代では、電力が不足

すると、社会に大きな影響が出てしまいます。

原子力発電をやめる場合、何か他の方法で電力を

補っていかなければなりません。

スポンサードリンク

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。