エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原子力発電の問題、解決策とは?

原子力発電の問題、解決策とは?

原子力発電は、少ない量の燃料で、膨大な

熱エネルギーを得ることができます。

核分裂によって危険な放射性物質が生じるという

問題もあります。

事故の危険性があるのに加え、廃棄物の処理が

難しいという問題もあります。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

放射性廃棄物

原子力発電では、燃料であるウランが核分裂と

いう反応を起こすときに発生する熱を利用して

発電しています。

しかし、ここに問題があります。

原子炉の中では、ウランの核分裂によって、有害な

放射性物質が生み出されるのです。

放射性物質とは、放射線を出す物質という意味です。

放射線はふつう肉眼では見えません。

しかし、この放射線を大量に浴びてしまうと、がん

や白血病などの健康障害の原因になることが分かって

います。

原子力発電所では、この放射線物質をふくむ廃棄物

が発生します。

この放射性廃棄物は、そのまま焼却したり、埋め立て

たりすることはできません。

放射性物質が環境中に放出され、土壌や河川や海を

汚染し、その結果私たち人間も悪影響をうけることに

なるのです。

この放射性廃棄物をどうすればよいか、どうすれば

安全に処分できるかが問題なのです。

現状では、絶対に安全な処分の方法はありません。

 

原発の事故

原子力の抱える問題は、放射性廃棄物の処分だけ

ではありません。

万が一原子力発電所で事故が起こり、放射性物質が

外部に漏れることが起きれば、周辺に住む住民や

環境に、重大な悪影響を与えてしまいます。

2011年に起きた福島第一原子力発電所の事故がまさに

それです。

この事故は、地震によって原子炉が自動停止しました

が、原子炉の中心を冷やすための非常用冷却装置が

作動しないという事態になり、そのため、炉心

の温度が高くなりつづけ、、結果的に、3つの

原子炉建屋で爆発が起きたのです。

これによって、原子炉に閉じ込められていた

放射性物質が広範囲に飛び散りました。

原子力発電所から半径20㎞に住む住民は強制的

に避難させられました。

その外側の緊急避難準備地区では、屋内退避や

自力で避難できるように準備する必要があると

されました。

原子力発電所の事故は、放射性物質による健康被害

が問題になるだけでなく、このように汚染された地

区に住む住民の自由を奪うものです。

原子力発電は、便利は発電であると同時にこのよう

に危険と隣り合わせであることを忘れてはなりません。

 

スポンサードリンク

 

原子力発電の安全性

日本が原子力発電を進めていった理由は、

増え続ける電力使用量に対し必要なエネルギーを

安定して供給できなければ経済は発展しません。

経済の発展は、私たちの生活を豊かにするために大切

なことです。

ところが、原子力発電を進める政策の中で安全性の

問題は、十分に顧みられませんでした。

そのことが、福島第一原子力発電所の事故の原因だと

いっても過言ではないでしょう。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。