エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

日本の電気事業の始まり

日本の電気事業の始まり

日本は、明治時代に発電が始まり、やがて家庭や

工場などに電気が広まって行きました。

アジア・太平洋戦争前は、水力発電が主な発電方法

でしたが、1955年ごろから火力発電が中心となり

その後、原子力発電の割合が高まりました。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

日本の電気の歴史

明治時代の初め、欧米から、電灯が新しい文明

の一つとして、日本にやってきました。

日本で初めて電灯がともったのが1878年で、アーク灯

が銀座に灯されました。

市民が電灯を見るのは初めてのことで、「まるで

昼間のようだ」と驚いたといいます。

これ以降、電気事業が始まります。

1887年に、日本で初めての電力会社である東京電燈株

式会社が、火力発電所から送電を開始しました。

1892年に、京都に初の営業用水力発電所である蹴上発

電所が完成しました。

琵琶湖から引いた水で発電する水力発電所で、現在も

運転を続けています。

産業や交通が発達するにつれて電気の利用が増え、

発電や送電の設備が整えられました。

明治時代の末ごろから大正時代にかけては電力会社

の間で競争が激しくなっていました。

しかし、1920年ごろから統合が進められ、1920年ごろ

には5つの電力会社にまとまりました。

 

 

発電法の移り変わり

1939年、戦時体制下で、電力を国が管理するため、

電力会社は、日本発送電株式会社と、地域ごとに

作られた9つの配電会社に整理されました。

戦後、これらの会社は解体されましたが、現在の日本

にある電力会社のうち、沖縄電力以外の9社は、かつ

ての配電会社がもとになっています。

1955年ごろまでは、日本の発電は水力発電が中心でし

た。

その後、日本は、当時安かった石油を大量に輸入して

工業を発展させる高度経済成長政策を打ち出しました。

これによって、大規模な火力発電所が次々と建設され

発電の中心は石油を中心とする火力発電に移りました。

1970年代には、石油危機が起こり、石油に代わって石炭

や天然ガスの割合が増えました。

さらに、資源の急な値上がりや資源不足にそなえ、

アメリカやヨーロッパで行われていた原子力を積極的に

取り入れていきました。

 

スポンサードリンク

 

日本の発電

ここ数年、世界のエネルギーや発電に関する状況は

様変わりしました。

まず、東日本大震災を機に、日本でも世界でも原子

力発電に関する否定的な考え方が強くなりました。

また、アメリカでのシェール革命により天然ガスや

石油の価格が急落。

化石燃料の輸出入ルートも大きく変化しました。

(出所)経済産業省エネルギー庁「エネルギー白書2017」

 

こちらは経済産業省エネルギー庁が発表している「2017年

度エネルギー白書」のデータです。

 

発電の主要電源は、1965年頃までは水力、1973年の第一次

オイルショックまでは石油、そしてその後は石油に変わって

石炭と天然ガス、そして原子力が担ってます。

2011年の東日本大震災以降は、原子力発電の割合がほぼゼロ

にまで減り、その減少分の大半を天然ガスがカバーしていま

す。

歴史の長い水力発電は一般水力と揚水発電を合わせて9.7%。

一方、期待されている再生可能エネルギーは4.7%。

こちらも2009年当時は1.1%でしたので、3.5%伸びましたが、

それでも割合は非常に小さいと言わざるをえません。

発電総量が2010年以降減少していることも、ポイントです。

東日本大震災から約4年経ち、市民の生活にはほぼ節電の印象

はなくなりましたが、実際には電力会社の発電総量は当時に

は戻っていません。

日本が発電量を減らしながら持ちこたえている背景には、

企業による節電努力があると言えそうです。

また、2015年末の気候変動枠組み条約パリ条約で化石燃料、

とりわけ石炭火力発電からの脱却が世界的なトレンドとなる

中、日本では石炭火力発電の割合が2012年の27.6%から2015

年の31.6%へと増加したことにも注目です。

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。