エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

私たちのくらしを支える電気

私たちのくらしを支える電気

あなたは電気なしの生活をかんがえられますか?

私たちは暮らしの中で様々なエネルギーを使って

います。

電気もその一つです。

電気は、家庭生活になくてはならないだけでなく

あらゆる産業にも必要とされます。

電気は空気や水と同じで「あって当たり前」にな

っており、それが喪失した時の怖さは計り知れな

いものである事を改めて考えさせられます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

暮らしと電気

私たちの生活は、電気によって支えられています。

身の回りにはテレビ、照明器具、エアコン、冷蔵庫

電子レンジ、パソコンなど、さまざまな電気製品が

あります。

これらの電気製品のうち、一つでもなくなってしまうと

私たちの生活は、不便になってしまうでしょう。

電気は、私たちの家の中で使われているだけでは

ありません。

学校や会社、街のいろいろな施設や工場など、様々な

ところで使われています。

電気がなければ、会社で仕事ができなくなり、病院

では、診察ができず、工場ではものが作れなくなって

しまいます。

電車、地下鉄、新幹線などの鉄道網にも電気は使わ

れているのです。

電気が止まるとこれらも止まってしまいます。

このように私たちのくらしには、電気は切り離せない

のです。

 

 

電気を作る

電気は私たちの生活に欠かせないエネルギーです。

電気は発電所でつくられ、送電線を通して各家庭や

施設に送られます。

電気を作り出す発電の方法には様々なものがあります

現在の主な発電方法は、火力、原子力、水力の3つです。

火力発電は、石油や石炭、天然ガスなどの燃料を

燃やして水を熱し、蒸気を発生させ、その力で

発電機につなげられたタービンを回すこと電気が

うまれます。

性質をす発電方法です。

ただし、原子力発電はウランの原資が核分裂を

するときに発生する熱で蒸気を発生させます。

水力発電は水が高いところから低いところへと流れる

性質を利用して、発電機を回します。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

原子力発電をやめると、どうなるのでしょうか

原子力発電に代わる能力を持ち、環境に負担を

かけない発電方法はあるのか

それらを考えるためにそれぞれの発電方法の

特徴を知る必要があります。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。