エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

化石燃料は安いエネルギー源!!

化石燃料は安いエネルギー源!!

ニュースなどで石油の値段が上がったと

取り上げられることがありますね。

それがとても大変だという騒ぎになるのは

それだけ今の暮らしが石油などの化石燃料に

頼っているからにほかなりません。

ではその化石燃料についてもっと知りたくな

いですか?

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

化石燃料って何

石油や石炭などの化石燃料は、何億年も昔に

植物や動物の体が地下深くに閉じ込められ、長

い年月をかけて変化したものです。

そこで化石燃料と呼ばれているのです。

産業革命がおこると、石炭に続いて石油や

天然ガスなどもエネルギー源として大量に

使うようになりました。

家畜のエネルギーや自然エネルギーなど、

地上にあるエネルギー源だけでなく、地下に埋

まっているものも使うようになりました。

特に液体の石油は、パイプやタンカーを

使えば、運ぶのも簡単なうえ、いろいろなことに

使うことができます。

こうして豊かで便利な社会を、大量の化石燃料を

消費することで手に入れたのです。

しかし、その結果、大気中の二酸化炭素が増え、

地球温暖化を招くようになりました。

また、いろいろな環境問題も起こっています。

これまで以上にエネルギーの消費を増やすことは

地球環境のことも考え、限界が近づいてきてい
るのです。

 

 

化石燃料は安い

値段だけ見ると、化石燃料は、とても安いのです。

例えば、マキや炭だと、山から材料を切り出し、加工

をしなければなりません。

そのため、たくさんの人手と費用が掛かります。

そして大量に作るのも難しいです。

石油や石掘り出すときに大掛かりな設備が必要

なので、費用は掛かりますが、化石燃料を掘り出し

始めると、人手をほとんどかけることなく、大量に

集められるので、ほかの燃料に比べて安く大量に使える

エネルギー源なのです。

 

スポンサードリンク

 

化石燃料に代わるもの

化石燃料に代わるものとして、植物を原料にする

バイオ燃料の開発や生産が盛んになっています。

しかし、バイオ燃料は化石燃料より費用が掛かり

ます。

それは、植物を育てたり、廃棄物を回収したりしな

ければならず、手間がたくさんかかります。

しかし、地球温暖化を抑えるためにバイオ燃料の

開発や生産を進めていけば、やがて化石燃料より

安く使えるバイオ燃料が開発される可能性もあります。

 

 

まとめ

 

エネルギーをたくさん使う社会は考え直さないと

いけません。

化石燃料はいつかなくなります。

そこで、今、地球の環境を守るために省エネが

必要なのです。

無駄に明かりをつけないなどなら、だれでも

すぐにできますね。

一つ一つは小さい省エネでも、日本全国、

さらに世界で小さな省エネをすれば、全体で

大きな省エネになります。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。