エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

省エネ都市って何?エネルギーの消費を減らす

省エネ都市って何?エネルギーの消費を減らす

多くの人が暮らす都市には、たくさんの

店やビルなどがあり、自動車や電車などの

交通量も多いです。

その一つ一つで省エネは進んでいますが、

都市全体で使う無駄なエネルギーも多いので

地球環境に与える影響も大きいです。

便利で暮らしやすく、しかも環境によいまち

とはどんなものだろうか?

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

コンパクトな街

これまで、大都市は鉄道や道路が郊外にのび

ていきました。

そのため、人や物の長距離移動が必要になり、

エネルギー消費量も増えたということです。

これからは、働く場所と住む場所などを近づけた

小さな規模の町が求められているのです。

郊外に広がった街だと、自動車での移動が増え

交通が集中する都市では渋滞が発生してしまい

ます。

つまり、人やモノの移動にたくさんのエネルギ

ーを使ってしまいます。

コンパクトな街だと、生活する場所と働く場所が

近いので、自動車を使うことが少なくなり、

エネルギーの消費を抑えています。

できるだけ自動車を使わなくても暮らせる町が

環境のためにはいいのです。

 

ドイツのフライブルク

環境保全のまちづくりの例として、ドイツの

フライブルクを見てみましょう。

環境保全のまちづくりが進んでいることで有名

な都市です。

市内には自動車の乗り入れを制限して、省エネ

を街全体で進めています。

市内への自動車の乗り入れを制限して交通量

を抑えるため、路面電車やバスなどの公共交通

機関を整備しているのです。

太陽光パネルが街のあちこちにあるので、太陽

エネルギーもうまく使っています。

 

スポンサードリンク

 

アラブのマスダールシティ

産油国のアラブ首長国連邦で究極の省エネ都市

が始まっています。

石油資源がなくなることを考え、省エネ都市の建設

を進めています。

エネルギーは太陽エネルギーなど、すべて自然エネ

ルギーを使い、自動車もすべて電気自動車です。

二酸化炭素排出ゼロ

廃棄物ゼロ

究極の省エネ都市を目指しています。

省エネのまちづくりが世界に広がれば、地球温暖化

を抑え、石油資源を節約できるかもしれません。

 

 

まとめ

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。