エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

街や会社の省エネ、LCAってなに?

街や会社の省エネ、LCAってなに?

オフィスビルでは、照明やエアコンを

はじめ、コンピューター、コピー機

エレベーターなどに多くのエネルギーが

使われていますね。

そこで、新しいビルでは、省エネの工夫

も進んでいます。

どんな工夫でしょうか。

また、街全体の省エネの工夫も大切になって

きます。

例えば都会に緑地を増やすと、夏でも涼しく

なり、エアコンをあまり使わなくても済むよ

うなります。

暮らしやすい街を作ることも省エネなのです。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

オフィスの省エネ

オフィスビルの省エネのいろいろな工夫

①ビルそのものを省エネタイプにする。

屋上や壁面を緑化したり、窓から光をたくさ

ん取り入れるなどの工夫。

②不必要なエネルギーは使わない

明るい窓辺や廊下などは照明を減らしたり

トイレなどは使う時だけ明かりがつくように

する工夫

③冷暖房を節約

使わない部屋のエアコンは消したり、設定

温度を上げすぎたり下げすぎたりしないよう

にする工夫

 

街の省エネ

街には、住宅の他、役所や会社のビル、商店

学校、道路や鉄道の駅など、いろいろな施設や

建物があります。

それぞれ電気を節約するなどの省エネをしながら

街全体で省エネに取り組む工夫が必要になります。

①緑を増やす
街路樹や公園、建物の屋上や小学校の校庭を芝生

にするなど、緑化を進めています。

②水辺を増やす

川辺や海辺に広場を作り、水辺と街をつなぎます。

③風通しを良くする

自然の風の通り道をふさいでいる建物をできるだけ

なくし、風の通りを良くします。

④公共施設で不必要なエネルギーは使わない

建物は窓から自然の光を多く取り入れるようにし

不必要な照明を減らします。

駅のエスカレーターは人が利用するときだけ動く

ようにします。

⑤道路の改善

保水性の舗装にしたり、交通信号の電気は風力

発電や太陽光発電でまかなったり、街灯を節電

型のものに変えるなどの省エネの工夫を進めて

います。

スポンサードリンク

LCA

どんな製品にも、必ず寿命があります。

そして、最後はごみとなって処分されます。

しかも製品が作られてから捨てられるまで

様々なエネルギーが使われました。

そのエネルギーがどれくらい使われたかを示す

のがLCAです。

環境への影響の大きさや、どれくらい省エネに

つながるかの目安になります。

 

まとめ

 

会社や街全体で省エネの取り組みもいろいろ

ありますね。

さらには、生活そのものを省エネにする

街づくりも考えられています。

 

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。