エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原子炉の沸騰水型軽水炉の仕組みとは?加圧水型軽水炉の仕組みは

 

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

その原子力発電の設備の中で、ウラン

を核分裂させるための装置を原子炉

といいます。

原子炉は原子力発電の中で最も重要

な設備です。

日本にある原子炉は軽水炉とよばれる

もので、沸騰水型軽水炉、と加圧水軽

水炉の2種類あります

そこで今回は日本の原子力発電

ついてみてきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

沸騰水型軽水炉

 

原子力発電の燃料のウランは、原子

炉で核分裂します。

このとき、高温の熱が発生して水を

沸騰させて蒸気を作ります。

沸騰水型軽水炉では原子炉の中心で

作られた蒸気が配管を通って、そのま

まタービンに送られます。

この蒸気によってタービンが回り

発電機で電気が作られます。

そのあと、蒸気は冷まされ再び原子炉

に戻ります。

沸騰水型軽水炉は様々なタイプの原子炉

の中で比較的仕組みが単純です。

そのため、建設しやすいのが特徴です。

また、発生した蒸気が直接タービンに

届くので核分裂で発生したエネルギーが

無駄になりにくいのです。

原子炉には核分裂の起きる速さを調節

したり、緊急時に原子炉を停止させたり

する制御棒があります。

沸騰水型軽水炉は制御棒は下から差し込

むタイプです。

スポンサードリンク

加圧水型軽水炉

 

ウランの核分裂によって発生した

熱で水を熱しますが、このとき蒸気は

できていません。

熱をくわえられた水は沸騰しないよう

高い圧力を加えています。

この高温・高圧の熱水が、蒸気発生器

に送られ、別の系統水の水を熱し蒸気

を作ります。

この蒸気でタービンを回します。

加圧水型軽水炉は原子炉の中心を取り

まく水と蒸気になってタービンを回す

水が別になっているのです。

一次冷却水は、炉心と蒸気発生装置の

間を循環しています。

二次冷却水は、蒸気発生器とタービン

の間を循環しています。

加圧水型軽水炉は仕組みが複雑なので

点検の手間がかかります。

 

 

まとめ

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。