エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

どんなお店や会社がエネルギーを使っているのだろう

どんなお店や会社がエネルギーを使っているのだろう

こんにちは、電機やガスなどのエネルギーは

学校や会社お店などでたくさん使われていま

すよね。

そこで今回は、どんなお店や会社がエネルギー

をたくさん使っているのか、

どんなことに使っているのか

調べてみましょう。

suponsarink
スポンサードリンク

 

お店や会社

一番エネルギーをたくさん使っているのは

いろいろなお店、次に会社や役所などの事務所

やビルです。

お店や会社では人が働くのに必要な照明やエレベ

ーターなどでたくさんエネルギーが使われています。

そういう場所では照明や冷暖房、事務機器など

にエネルギーが使われています。

病院もエネルギーをたくさん使っています。

検査や治療などに機械が使われていますし、

夜中も電気がついて治療や看病が行われています。

ホテルやレストランでも、照明や調理器具などに

電機やガスなどのエネルギーが使われています。

 

ヒートアイランド現象とは

東京や大阪などの大都市は、周囲より気温が

高くなることが多い。

まるで、高熱の島ができたかのようになるので

ヒートアイランド現象と呼ばれている。

その原因の一つに、ビルのクーラーや自動車など

から排熱がたくさん出ることです。

また、コンクリートの建物や道路が多いことも

一因になります。

ヒートアイランド現象で暑くなった地域では

ますますクーラーを使ってしまいます。

その熱がたまるという悪循環が起こります。

都会では、会社やお店のビルが密集して

たくさんのエネルギーが消費されているのですね。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。