エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

エコドライブのすすめ、二酸化炭素を削減するため

エコドライブのすすめ、二酸化炭素を削減するため

地球温暖化への関心の高まりから、燃費が

いいことが、車の大きなセールスポイントに

なってきています。

このように、新しい自働車野燃費はだんだん

良くなっています。

しかし、環境省の調査によると、日本で使われ

る自動車の燃費はむしろ悪くなっています。

いったいどうなっているのでしょう??

それは、自働車の燃費は、走り方によって

悪くなったり、よくなったりすることがあるの

です。

たとえば、一定のスピードで走っているときより

走ったり、止まったりを繰り返すときのほうが

燃費は悪くなります。

だから、渋滞が発生したり、近い距離を自動車で

移動したりすることが増えると、自動車の燃費は

悪くなるのです。

そこで今回は、燃費をよくするエコドライブを

見てみましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

ゆっくり発進する

発進するときは、穏やかにアクセルを踏んで発進

しましょう(最初の5秒で、時速20キロメートル程

度が目安です)。

日々の運転において、やさしい発進を心がけるだ

けで、10パーセント程度燃費が改善します。

年間約194キログラムのCO2削減
年間で約13,200円のガソリン代節約

 

 

できるだけ一定のスピードで

ムダな加速・減速の機会が多くなると、市街地で

は2パーセント程度、郊外では6パーセント程度も燃

費が悪化します。

交通状況に応じて速度変化の少ない運転を心がけ

ましょう。

年間約68キログラムのCO2削減
年間で約4,630円のガソリン代節約

 

 

早めにスピードを落としてとまる

信号が変わるなど停止することがわかったら、早

めにアクセルから足を離しましょう。

そうするとエンジンブレーキが作動し、2パーセント

程度燃費が改善します。

 

年間約42キログラムのCO2削減
年間で約2,860円のガソリン代節約

 

 

アイドリングはやめる(停車時エンジンの停止)

待ち合わせや荷物の積み下ろしのための駐停車の

際のアイドリングはやめましょう。

10分間のアイドリング(エアコンオフの場合)

で130CC程度の燃料を浪費します。

年間約40キログラムのCO2削減
年間で約2,740円のガソリン代節約

 

エアコンは控えめに

暖房のみ必要なときは、エアコンスイッチをオ
フにしましょう。

また、冷房が必要なときは、車内を冷やしすぎない

ようにしましょう。

 

たとえば、車内の温度設定を外気と同じ25度に設

定した場合、エアコンスイッチをオンにしたままだ

と12パーセント程度燃費が悪化します。

 

タイヤの空気圧を正常に保つ

タイヤの空気圧チェックを習慣づけましょう。

タイヤの空気圧が適正値より不足すると、市街地で2

パーセント程度、郊外で4パーセント程度燃費が悪化

します。

また、エンジンオイル・オイルフィルタ・エアクリー

ナエレメントなどの定期的な交換によっても燃費が改

善します。

 

余分な荷物を積まない

運ぶ必要のない荷物は車からおろしましょう。

車の燃費は、荷物の重さに大きく影響されます。

たとえば、100キログラムの荷物を載せて走ると、

3パーセント程度も燃費が悪化します。

渋滞を招く駐車違反をしない

 迷惑駐車はやめましょう。

交差点付近などの交通の妨げになる場所での駐車は、

渋滞をもたらします。

迷惑駐車は、他の車の燃費を悪化させるばかりか、

交通事故の原因にもなります。

 

スポンサードリンク

 

二酸化炭素対策、電気自動車

電気で動く自動車は昔からありましたけど

電池の力が弱く、長い距離を速いスピードで

走ることが難しかったり、電気自動車に充電

できる設備が整っていなかったりと、電気自動車

はあまり普及していませんでした。

しかし、地球温暖化対策に二酸化炭素を減らす

ことに大きな課題となった今、電気自動車に期待が

集まっています。

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。