エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

自動車の二酸化炭素排出の対策

自動車の二酸化炭素排出の対策

自動車・飛行機・船はガソリンや重油など

の燃料を使います。

電車を動かす電気も燃料を使いつくられていま

す。

どの乗り物も燃料を燃やして走っているので

みんな二酸化炭素を出しています。

中でも自動車が二酸化炭素を一番出しています。

では、その対策とは?

suponsarink
スポンサードリンク

 

環境問題

自動車は、騒音や排出ガスによる大気汚染など

さまざまな公害問題を起こしています。

公害は人の健康を害するので、排出ガスから

有害物質を減らすなどの規制を厳しくしたり

被害をおさえる技術の開発がつづけられています。

現在は有毒な排出ガスは昔に比べるとかなり減り

ました。

しかし、世界全体で輸送量が増え、二酸化炭素の

排出による地球温暖化などが大きな環境問題にな

っています。

 

 

二酸化炭素対策、燃費

自動車は化石燃料を燃やして走ります。

そこで、消費する燃料を減らせば、二酸化炭素の

排出量を減らすことができます。

1Lの燃料で走る距離を燃費と言います。

燃費の良い自動車ほど、二酸化炭素を出さない車と

言えます。

そのため、自動車メーカーは燃費の良い自動車を

開発することに力を入れています。

 

二酸化炭素対策、バイオ燃料

バイオとは生物のこと

自働車用のバイオ燃料は植物を原料にしてつくられ

ガソリンや軽油と同じように使える燃料です。

バイオ燃料を燃やした時も二酸化炭素は出るのですが

大気中の二酸化炭素は全体としては増えないのです。

つまり、燃料を化石燃料からバイオ燃料に変えれば

二酸化炭素は増えないことになります。

しかし、バイオ燃料を作るときにたくさんのエネルギー

を使ってしまう問題もあります。

 

 

二酸化炭素対策、燃料電池

燃料電池は水素と酸素を反応させて発電する仕組み

のことです。

燃料電池車は、その燃料電池を使って発電したモーター

で走る自動車です。

水を電気分解すると酸素と水素になるが、それと反対に

酸素と水素を一定の条件で反応させると水と電気が

できます。

その電気を利用します。

 

スポンサードリンク

二酸化炭素対策、電気自動車

電気で動く自動車は昔からありましたけど

電池の力が弱く、長い距離を速いスピードで

走ることが難しかったり、電気自動車に充電

できる設備が整っていなかったりと、電気自動車

はあまり普及していませんでした。

しかし、地球温暖化対策に二酸化炭素を減らす

ことに大きな課題となった今、電気自動車に期待が

集まっています。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。