エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

マイクロ水力発電の事例、NHKの場合

マイクロ水力発電の事例、NHKの場合

NHKでは、経営方針の一つとして掲げら

れている環境経営に基づいて、省エネ型

の機器の開発を進めているます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

マイクロ水力発電

NHKの放送センター内のスタジオや事務室等

を冷暖房する空調設備の配管に小水力発電設

備(マイクロ水力発電システム)を導入し、

2008年5月7日から運転を開始しています。

この小水力発電設備では、ビル内の空調機を

冷却するために使われる循環水を利用し発電

しているのです。

まさかと思うところに発電機があるのですね。

 

 

発電の仕組み

循環水は、地下にある蓄熱層に溜められてお

り、空調設備を冷却するために、ポンプを使

って上層階へと運ばれます。

そして、冷却水として使われた水は、パイプ

を通り地下の蓄熱層に落とされ、その位置エ

ネルギーを利用して発電する仕組みです。

 

発電量は

循環水の流量は、外気温の変化や各階の空調

機の稼働状況により大きく変動しています。

そこで、このマイクロ水力発電システムの発電

では、2台の水車発電機を設置し1台単独、2台

直列、2台並列に自動運転する制御法を開発し、

流量の変化に適した高出力の発電が出来るよう

工夫しているとは・・。

 

NHKによると、2008年5月7日から系統連系による

運転を開始し、2008年度の1年間で発電した電力

量は44,437kWhを発電しました。

 

2009年度は40,278kWhとなり、2年間で約47t-CO2

(CO2換算係数:0.555kg-CO2/kWh)のCO2削減効

果が得られたそうです。(スゴイ)

 

特に、冷房を多用する7月8月では、一ヶ月に500

0kWh以上の発電量となっています。

福岡放送会館でも、2008年度に空調用冷却水の落

差を利用したマイクロ水力発電設備を導入し運用

を開始していて、年間の発電量は約8000kWhで、

全て建物内設備で消費しています。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしを考えてみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。