エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽光発電の普及、価格は?

太陽光発電の普及、価格は?

太陽の光は自然に地上に降り注いて

います。

ずっと手に入るし、たくさんのエネルギー

を持っています。

しかし、太陽の光は火のようには熱くない

ので、そのままでは水を沸騰させることは

できません。

さらに、雨や曇りの時は利用できないです。

しかし、太陽の光のエネルギーは二酸化炭

素も出さないし、光そのものは無料なので

いろいろな使い方を考えればいいのです。

「太陽光発電は環境にいいけど高いよね」

というイメージは、もう一昔前の話です。

価格が大幅に安くなったことで、いよいよ

普及していくのでしょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

安くなった太陽光発電

2012年に始まった再生可能エネルギーの固

定価格買取制度は、当初3年間は再生可能エ

ネルギーを特に優遇することになっていまし

た。

そのため、優遇期間が過ぎた後、太陽光パネ

ルの出荷量はピーク時に比べて減少傾向が続

いていました。

そんな状態だった市場が、ここにきて改めて出

荷量が伸びてきたわけです。

2009年の導入価格は5kWで350万円

現在は役目を終えて終了した太陽光発電に対する

国の補助金には、購入価格に上限が設定されてい

ました。

相場よりかけ離れて高い金額の場合には補助金を

出さないようにすることで、ボッタクリ販売を防

ごうとしたのです。

2009年度は、1kWあたり70万円以下の価格でなけれ

ば補助金が出ませんでした。

実際にこの上限価格に合わせて相場が形成されてい

たため、2009年度では1kWあたり70万円弱という金

額が相場でした。

もし5kWの太陽光発電を設置する場合、350万円近く

かかっていたわけですね。

少し前に350万円だった太陽光発電が、ここ数年で

一気に安くなりました。

今はコストの安い海外メーカーなら、1kWあたり30万

円を切ることも珍しくありません。

5kWの太陽光発電でも150万円もしないで買えるわけです。

以前なら350万円もしていたものが、今なら150万円で

お釣りがくるようになっています。

この8年間で実に6割近くも安くなりました。

 

太陽光発電の普及率

総務省は、「平成26年全国消費実態調査」のうち、

主要耐久消費財の保有状況について取りまとめた

結果を公表した。

太陽光発電・高効率給湯器の普及率が上昇. 2人以

上の世帯の普及率(以下「普及率」)をみると、

太陽光発電システムは6.6%で、前回の平成21年調査

(1.6%)より5ポイント上昇した。

また高効率給湯器の普及率は23.9%で、前回調査

(5.1%)より18.8ポイント上昇した。

普及率の上昇・低下幅をみると、高効率給湯器の上

昇幅が最も大きくなっている。

 

スポンサードリンク

太陽光発電の投資

土地付き分譲太陽光発電で失敗しないためには、

リスクも把握しておく必要があります。

太陽光発電は、国によって売電価格が20年間固定

が保証されるわけですから、売値という観点につ

いては株などのように、価格が20年の間については

低下することはありません。

日射不足や経年劣化による発電量の低下も、ある程度

は考慮されているため、実際の売電収入が想定よりも

下回るということもまれです。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。