エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原子力発電所の仕組み、メリットとデメリット

原子力発電所の仕組み、メリットとデメリット

原子力発電所は、ウランが核分裂するときの

熱を利用して発電しています。

原子力発電は、蒸気の力でタービンを回す点で

は、火力発電と同じですが、水を熱するエネル

ギーが原子の核分裂によるものです。

その際、二酸化炭素は出ないが、放射性の廃棄

物が出ます。

また、事故で放射能が漏れる心配などもあり、

原子力発電の安全性はいろいろ問題があります。

さらに、ウランの埋蔵量も限りがあるうえ、

日本ではほとんどとれないので、輸入に頼って

います。

原子爆弾も核分裂の力を使っているが、原子力

発電では、ゆっくり核分裂させ、少しずつ、その

力を使っているのです。

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

原子力発電とは

火力発電と同じく、水蒸気の力でタービンを回し

て発電している原子力発電所ですが、火力発電所

では石炭や天然ガスを燃やすことで水を沸騰させ、

原子力発電所では、原子炉内にあるウランを核分

裂させることで発生する熱で水を沸騰させています。

このウランの核分裂は、火力発電よりも「コストが

安い」と考えられ、核分裂を起こして発熱させると

きには二酸化炭素が発生しないのが特徴としてあり

ます。

また、ウラン以外の核燃料もあり、「加圧水型」や

「沸騰水型」と呼ばれるものなど、水を沸騰させる

手法の違いによって、原子力発電所にも異なるタイ

プが存在します。

処理して取り出したプルトニウムとウランを混ぜる

ことにより「MOX燃料」に加工することができ、この

燃料を軽水炉で使用することを「プルサーマル」と

呼びます。プルサーマル方式は、MOX燃料が通常の核

燃料よりも、焼却後、放射能の半減期が短いため、

使用済み核燃料の保管のコストを削減できるとされて

いますが、その安全性については疑問視される場合も

あり、現在では推進派、慎重派による議論が行なわれ

ています。

 

スポンサードリンク

原子力発電所の建設地が限られる理由

(1)保安上の理由。

万一事故が起きたりした時,周囲が人口密集地でない

ほうが避難などが楽になります。

また,テロリストに対する監視なども容易になります。

(2)経済上の理由。

人口密集地やその近郊は地価が高いので,過疎地のほう

が土地代が割安になります。

適度に消費地(電力を沢山使う工場とか都会と

か)に近いところが良い,ということになります。

(3)防災工学的な理由。

特に地震が多い日本では,可能な限り地盤がしっかりし

ていて,震源となる可能性の高い断層から遠い所が理想

です。

また,海沿いなら津波などの被害に遭いにくいことも

重要です。

(4)建設工学的な理由。

資材の納入が不便な高山とか(港湾施設の無い)離島と

かは適切ではありません。またある程度平らで場所が取

れる土地のほうが造成が簡単になります。

(5)熱工学的な理由。火力・原子力発電所は冷却水を

大量に使います。

海辺か大きな河川・湖沼の近くで無いと冷却水が確保で

きません。

(6)環境評価による理由

発電所は温排水を出しますし,建設に伴って周囲の動植

物にどうしてもある程度の影響を与えてしまうので,

環境に大きな悪影響を与えると判断される場合は建設が

許可されません。

(7)法的な理由。

土地は場所によってその用途が定められております。

発電所は工業地域とかそういう(法的に建設可能な)土

地で無いと建てられません

(8)社会的な理由。

放射能漏れの可能性がゼロではない原子力発電所は一般

に住民に歓迎されません。

地元の同意が得られない限り建設許可は下りないので,

電力各社は地元対策に莫大な資金を投入し,同時に非常

に気を使っております。

これらの理由により,原子力発電所が建設可能な土地は

かなり限られてきます。

http://agora.ex.nii.ac.jp/earthquake/201103-eastjapan/energy/electrical-japan/type/3.html.ja

 

原子力発電のメリット

安定して大量の電力を供給できる

発電量当たりの単価が安いので、経済性が高い

事故が起きなければ国の技術力の高さの証明になる

補助金等により、原子力発電所の周辺地域が経済的に潤う

発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない

酸性雨や光化学スモッグなどといった大気汚染の原因となる

酸化物を排出しない

 

 

原子力発電のデメリット

放射線の厳しい管理が必要

毒性のある放射性廃棄物が発生する

発電停止から廃炉解体が完了するまでに時間がかかる

事故が起きて周辺地域に多大な被害を与える恐れがある

事故が起きて放射線が外部に流出すると、人間が発電所に近づ

くのが難しくなるため、故障箇所の修復が困難となってしまう。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。