エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

電気はどれくらい使われている?今と昔について

電気はどれくらい使われている?今と昔について

家の中には、蛍光灯、テレビ、冷蔵庫

エアコンなど・・いろいろな電化製品が

ありますね。

これらの電気製品は50年位前から広がって

きたものです。

そのおかげで夏でも涼しく

冬は暖かく

便利で快適に過ごせるようになりました。

そのため、大量の電気を使うようになったの

です。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

発展する日本を支える電気

高度経済成長期以降、豊かな国へと変遷を遂げ

た日本。

電力の消費量は大幅に伸び、1965年と2015年を

比較すると約5.5倍も増加しました。

世界的にみても日本の電力消費量は中国、アメリカ、

インドに次いで第4位であり、1人あたりの消費量も

世界第4位と高い水準にあります。

ここ数年、日本では省エネの促進などの影響もあり、

顕著な電力消費の増加は見られませんが、インター

ネットをはじめとする情報化社会の進展などを踏ま

えると、今後も高水準で推移すると考えられます。

 

 

一人当たりの電力消費量

2014年の世界の電力消費量は、22兆kWhです。

主要国のうち、電気を多く使っている国は中国、

アメリカ、インド、日本の順ですが、エネルギー消

費量と同じように、一人当たりの電力消費量が多い

のも実はカナダなのです。

カナダは、湖や河川など豊富な水資源に恵まれており、

電気料金が安いため突出しています。 一方、中国は

人口が多いため、一人当たりの電力消費量は世界平均

ほどですが、経済成長がいちじるしいため、電力不足

が深刻化しています。

国によっておかれた状況はことなりますが、電気は

貴重な資源からつくられているため、私たち一人ひと

りが節電に心がける必要があります。

出典:IEA「WORLD ENERGY BALANCES(2016 Edition)」

 

スポンサードリンク

 

一人あたりの電気料金

電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直

しが欠かせません。

自分のライフスタイルにあったプランに … 一人暮ら

しの場合は年間39,894円、ひと月あたり3,325円だった

ので、一人あたりで考えると電気料金の平均額が年間

17,842円、ひと月あたり1,487円も増えてしまうのですね。

一人暮らしの電気代: 年間39,894円 … 一人暮らしの場

合、電気の使用量が少なく、一人が外出すれば無人になっ

てしまうので、電気料金は高くなりにくいところです。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。