エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

オゾン層の破壊問題と地球温暖化問題

 

 

昔、地球にオゾン層がなかった時代、太陽

からの紫外線が地上に降り注がれ、生物は

生存できませんでした。

そして、オゾン層ができたことによって紫

外線がカットされ、生命が誕生し、現在の

ような地球になったのです。

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

オゾン層とは

地球の大気中でオゾンの濃度が高い部分のこ

とである。

オゾンは、高度約10 – 50 kmほどの成層圏に

多く存在し、特に20 – 25 kmの高さで最も密

度が高くなる。

地上すべてのものを紫外線から守ってくれる

ものです。

それを私たちは、破壊しようとしている。

それが「オゾン層破壊」です。

 

オゾン層破壊が招く

 

オゾン層が破壊されることで、どんなことが

起こるのでしょうか?

オゾン層は、太陽の日光に含まれている紫外線

をカットします。

その紫外線ですが、有害な紫外線に、直接あたっ

てしまうと、皮膚ガンや白内障・失明、免疫低下

によるエイズなどのウィルス性の病気にかかりや

すくなることがわかっています。

さらには、生物細胞の遺伝子(DNA)にも影響があ

るのです。

今は、世界中で皮膚ガンや白内障にかかる人が増加し、

日本でも7倍に増えています。20年後には、オゾン層

は2/3が減少し、最悪の事態になると言われているの

です。

オゾン層破壊は、地球温暖化においても、大きな環境

問題のひとつだということです。

 

スポンサードリンク

 

フロンガスがオゾン層破壊の原因

1970年代半ば、人工的に作り出された物質であるクロロ

フルオロカーボン類がオゾン層を破壊する可能性が指摘

されました。

フロンの多くは、かつてはエアコン、冷蔵庫、スプレー

などに使われ、大気中に大量に放出されていました。

フロンは、地上付近では分解しにくい性質をもっている

ため、大気の流れによって成層圏にまで達します。

高度40km付近の成層圏まで運ばれると、フロンは強い

太陽紫外線を受けて分解し、塩素を発生します。

この塩素が触媒として働きオゾンを次々に壊しします。

 

 

地球温暖化の問題

一方、特定フロン等の代替物質として、オゾン層を破壊

しないフロン(代替フロン;HFC)が開発され、普及

してきました

ところが、代替フロンには地球温暖化をもたらすという、

次なる問題があったのです。

1992年、地球温暖化を防止するための「気候変動枠

組条約」が締結され、それに基づいて、具体的な温室効

果ガスの排出抑制対策として、「京都議定書」(199

7年)が採択され、2005年に発行しました。

また、我が国における温室効果ガスの6%削減約束を確

実に達成するために必要な措置を定めるものとして「京

都議定書目標達成計画」を閣議決定しました。

京都議定書の対象物質でもある「代替フロン等3ガス」

(HFC、PFC、SF6)は、二酸化炭素の数百倍~数

万倍という大きな温室効果をもっていることから、排出抑

制に向けて最大限の努力が求められています。

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。