エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

輸入で生まれる二酸化炭素

輸入で生まれる二酸化炭素

日本は、海外からの輸入によって成り立っています。

天然資源のほとんどを産出できない日本は、石油

石炭などの化石燃料のほか、鉄の原料になる鉄鉱石

などの鉱石のほとんども、海外からの輸入に頼って

います。

また、日本でとれる木材や農作物なども、国内で

生産したものより価格が安い海外産のものを多く

輸入しています。

日本が輸入した功績や農作物などは、輸入した時点

では、二酸化炭素を出さないが、輸入される前に

鉱石を採掘したり、農作物を育てたりしていつとき

に、二酸化炭素は発生しています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

輸入前に発生している二酸化炭素

化石燃料は地下に埋まっているため、掘り出す

ための機械を使うときにエネルギーを消費して

二酸化炭素を出しています。

農作物も、農業機械の燃料や、化学肥料などを生産

するときにも二酸化炭素が出ています。

このように、日本が輸入する製品も現地で二酸化炭素

を発生させているのです。

さらに、日本に運ぶ船や飛行機などにも燃料が使われ

二酸化炭素が発生してます。

 

日本の食卓

日本では、必要な食料のうち60%を海外から輸入

しています。

豆腐や味噌の原料である大豆や90%が、

パンやうどんの原料である小麦粉も90%が輸入品

です。

輸入する食料が増えた原因に、日本人の食事の好み

が伝統的な和食から洋食に移ったことも考えられ

るのです。

また、人件費の安い海外で生産された安い食料を

買うことも原因です。

 

スポンサードリンク

海外現地の工場

自動車工場や食料品などの様々な分野で、

ヨーロッパや北アメリカ、アジア諸国に工場を

建設する日本の企業が増えています。

海外では人件費が安かったり、関税がかからない

ようにするためです。

現地で生産されたより安い製品は、現地で販売さ

れたり、日本に輸入されています。

 

 

まとめ


二酸化炭素は人間がたくさん出すことになったが

逆に人間のの自然破壊によって二酸化炭素はたまって

行く一方なのですね。

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。