エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

自動車が完成するまでに使うエネルギーとは?

自動車が完成するまでに使うエネルギーとは?

二酸化炭素は、エネルギーを消費するすべての

産業から発生しています。

つまり、工業製品を組み立てる工場では、電力

などのエネルギーが、

農業機械を使う農業や

漁船を動かすに必要なエネルギーが使われています。

いろいろな産業がエネルギーを使うと、二酸化炭素

が発生しているのですね。

そこで今回は二酸化炭素の発生について見ていきま

しょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

工場から出る二酸化炭素

工場から出る二酸化炭素の仕組みを見ていきましょう。

自動車が製造される工程でどれくらいのエネルギーが

使われているのでしょうか。

自動車をつくるのは自動車工場ですが、自動車の部品や

材料は別の工場で製造されています。

ハンドルやシートなどはプラスチック加工工場がくつり

車体本体の材料は金属加工工場がつくり、

窓のガラスはガラス加工工場がりつくり、

タイヤはゴム加工工場がつくります。

どの工場もエネルギーを使っているため、二酸化炭素

が発生しています。

 

 

そのほかの産業からの二酸化炭素

農業


作物を生産するとき、化学肥料や農業機械などが

使われるため、様々な場面で二酸化炭素がでています。

化学肥料を製造する工場で電力が使われる

田植え機やコンバインなどの農業機械に燃料がつかわ

れます。

農薬の製造過程でも二酸化炭素が発生しています。

スポンサードリンク

水産業


漁船を動かすため、燃料である重油が使われます。

重油は石油が原料なので、漁船を動かすと二酸化炭素が

発生しています。

漁船の中の設備にも電力が使われます。

冷蔵庫や魚群探知機、照明、エアコンなどを動かすにも

二酸化炭素が発生してます。

 

サービス業


ホテルや飲食店などのサービス業では、ホテルの部屋に

ある電化製品に電力が使われています。

シャワーの熱湯を沸かすために、燃料が燃やされ

二酸化炭素が出ています。

レストランでも、調理の時にガスが使われ、照明に

電力が使われています。

 

 

まとめ


二酸化炭素は人間がたくさん出すことになったが

逆に人間のの自然破壊によって二酸化炭素はたまって

行く一方なのですね。

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。