エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

私たちの町にも風力発電をとりいれたい!でもどうするの?

私たちの町にも風力発電をとりいれたい!でもどうするの?

自分たちの町にも自然エネルギーを

取り入れたい場合、どう進めていく

のでしょう。

太陽の光に恵まれた場所。

強い風が安定的にふく場所。

水が豊富なところ

そのエネルギーを利用したいのなら

どうすればよいのでしょうか。

suponsarink
スポンサードリンク

 

風の強い町

自分たちの町が安定して強い風が

ふくところだったら、どうでしょう。

風力発電を取り入れたいですね。

それには、風車の建設が必要になりま

す。

そのために、風車を取り入れたら、どれ

くらいのエネルギーが取り出せるのか、

調べる必要があります。

風のふき方を調査し、建てる場所はどこか

ふさわしい風車はどんなタイプかを専門家

のアドバイスをもらいます。

 

 

風車を立てる場所

 

風車を立てる場所が決まったら、その土地

の地権者と相談します。

海の上に建てる場合でも、漁業権の問題も出

てきます。

そうしたら、お金の問題も出てきます。

費用を計算して、採算を調べます。

 

 

建設にかかる費用

毎日のメンテナンスにかかる費用を計算して

発電した電気を売って、採算がとれるか検討

します。

その際に、電気の固定価格買取制度が充実し

ていると計画が進みやすくなります。

自然エネルギーを高く買い取る制度があると

風車を立てやすくなります。

 

風車の被害

風車のような大型の機械を設置すると、

さまざまな問題も出てきます。

風車による騒音

機械からの低周波

風車に鳥がぶつかってしまうなどの影響が

考えられます。

風車を建てる場合でも、国や市町村にど

の様な影響がでるか、事前の報告が必要

になります。

この調査を環境アセスメントといいます。

 

 

建設費用を集める

採算が取れることが確認され、設置場所

も確保出来たら、資金集めです。

近くに住む人たちがお金を出してくれたり

地元の銀行が出資するなど、地域のお金で

風車を立てることが、風車を身近に感じる

ことができます。

すると、風車は地域のエネルギー源として

また、地域のシンボルとして愛されていく

ことでしょう。

 

スポンサードリンク

 

新たな産業

風車がいろいろな地域に建てられるように

なると、風車専門の工場ができ、働く人も

増えてきます。

また、風車を研究開発する研究所もでき、

環境にやさしい、経済性の高い技術が開発さ

れるかもしれません。

風車の工場も増えてきて、海外に日本の風車

が進出するかもしれません。

自然エネルギーを利用することがたくさんの

町で広がっていき、多くの町で実現できれば

そこから新しい産業が興る可能性も出てくる

のです。

 

 

 

 

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。