エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽光発電だけで全電力をまかなえる?

太陽光発電だけで全電力をまかなえる?

日本の技術では全電力を太陽光発電だけで

発電することはできます。

しかし、雨の日や曇り、夜間でも電力を使える

ようにするには蓄電池が必要になります。

するとコストがかかりすぎるのです。

そこで、ほかの発電方法と海あわせるのが安く

なります。

年間電力消費量の1~2割程度を太陽光発電に

することが最も経済的と言います。

増える再生エネルギーについて見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

化石燃料の代わり

人類が排出してきた二酸化炭素などの温室効果

ガスは、大気中にどんどん蓄積しています。

大気中の温室効果ガスの濃度は、過去数万年には

なかったほどの勢いで増えていて、大気が吸収す

る太陽エネルギーを増加させています。

今まで、なかった低温、高温、洪水、干ばつなど

の異常気象が世界各地で増えています。

気候変動を抑えるには、私たちが排出する温室

効果ガスの中でも最も多い二酸化炭素の排出量を

大幅に減らす必要があります。

大部分が化石燃料を燃やすことによるものです。

再生可能エネルギーならそれを大幅に減らせます。

化石燃料を燃やす代わりに、太陽、風、地熱など

からエネルギーが得られるからです。

化石燃料のわずか数%程度の二酸化炭素の排出量

で同じだけの電量を供給できます。

 

 

再生可能エネルギー発電所

 

再生可能エネルギーの利用量はどんどん増えて

います。

今後、建設される発電所の3分の1が再生可能エネ

ルギーのものです。

なかでも、風力発電と太陽光発電は10年で10倍以上

に増えています。

それでも、再生可能エネルギーはまだ世界のエネル

ギー消費量のうち1割、発電量の2割程度です。

この割合は大幅に増やす必要があります。

 

 

増える太陽光エネルギー利用

 

太陽光発電はかつて非常に高価でした。

家一軒分が一億円もしました。

そのため、宇宙開発のごく限られた用途に使うだけ

でした。

しかし、現在ではその価格も100分の1まで値段が下が

り、私たちの身近でも使われるようになりました。

さらに、世界中で今までの大型発電所以上の出力を

持つ太陽光発電所がつくられています。

太陽光発電はさらに値段は安くなり、世界中で使われ

ることでしょう。

スポンサードリンク

 

太陽電池の利点と欠点

太陽電池は、電力がたくさん必要な昼間

だけ発電する。

燃料がいらない

騒音も振動も排気ガスも二酸化炭素も出

ません。

太陽電池の欠点は、夜は発電できない。

また、曇りの日や雨の日は発電量が減って

しまう。

まだ、発電コストが高い。

まとめ

現在、私たちが使っているエネルギーは

その8割以上が化石エネルギーです。

私たちは地球が何十億年もかけて貯めてきた

化石エネルギーを、わずかな時間で使い切ろう

としています。

化石エネルギーに頼る割合を減らし、環境にも

優しく、今後も使い続けていけるのが、再生

可能エネルギーです。

再生可能エネルギーは世界を変える力があり

ます。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。