エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽エネルギー利用と現在と未来

太陽エネルギー利用と現在と未来

太陽の光と熱は太陽光発電、太陽熱発電

雨が降ると、雨水を水力発電に

光合成で生まれる植物はバイオマスエネ

ルギー、

風のエネルギーは風力発電に利用されま

す。

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

たくさん利用できる再生可能エネルギー

 

再生可能エネルギーは、尽きることのな

いエネルギーです。

そして、その量もまた、たくさん使うこと

ができます。

地球に降り注ぐ太陽のエネルギーの1時間分

は、人類全体の1年分の消費エネルギーより

多い量です。

発電だけを見ても、風力発電、太陽光発電

だけで、世界の電力需要よりずっとたくさん

の電力を発電することができます、

たとえば、サハラ砂漠の様に、太陽の光が

降り注ぐ場所に、太陽電池を敷き詰めていく

と、270㎞で世界の全消費電力と同じ電力

を発電できます。

未来は世界中の砂漠で発電して、送電線で

全世界に送るようになるかもしれません。

 

 

光で発電するなぞ

特定の物質に光をあてると電力が発生する

現象は19世紀から知られていました。

しかし、その原理は謎のままでした。

なぜ、光から電気ができるのか、当時の科学

では解明できませんでした。

そのため、性能を上げる術がわからず、得ら

れる電力はわずかでした。

20世紀になり、光のエネルギーがどのように

電力になるのかわかるようになりました。

これで、光や電気に対する研究が進み、1954年

に最初の太陽電池がアメリカで発明されました。

燃料の補給がいらないことや、構造が単純で

壊れにくいことから、人工衛星や海に浮かぶ

標識ブイなどで使われるようになりました。

現在では太陽電池の生産量は百万倍以上

世界中で使われています。

 

スポンサードリンク

 

再生可能エネルギー

太陽、地熱、潮汐を源とするエネルギーは

自然エネルギーとよばれ、

そのうち人類が持続的に利用できるものを

再生可能エネルギーと呼びます。

何千年と繰り返し使えるように、自然エネ

ルギーを上手に使う、再生可能エネルギー

です。

まとめ

現在、私たちが使っているエネルギーは

その8割以上が化石エネルギーです。

私たちは地球が何十億年もかけて貯めてきた

化石エネルギーを、わずかな時間で使い切ろう

としています。

化石エネルギーに頼る割合を減らし、環境にも

優しく、今後も使い続けていけるのが、再生

可能エネルギーです。

再生可能エネルギーは世界を変える力があり

ます。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。