エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

太陽のエネルギーで生まれる再生可能エネルギーとその利用法

太陽のエネルギーで生まれる再生可能エネルギーとその利用法

太陽の光と熱は太陽光発電、太陽熱発電

雨が降ると、雨水を水力発電に

光合成で生まれる植物はバイオマスエネ

ルギー、

風のエネルギーは風力発電に利用されま

す。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

再生可能エネルギー

 

再生可能エネルギーは、自然界のエネル

ギー源である太陽、地熱、潮の満ち引き

を利用した潮汐。

暖房や調理などの用いられたエネルギーで

すが、現在では、発電や照明、暖房、動力

などの形で、様々な用途に使われています。

太陽エネルギーを直接または間接的に利用

する技術として、太陽光発電、太陽熱発電

太陽熱温水器、風力発電、水力発電、波力

発電などあります。

地熱は地熱発電のほか、温泉や暖房に用い

られます。

潮汐発電、潮流発電、海洋温度差発電など

あります。

 

 

再生可能エネルギーの欠点

 

再生可能エネルギーは自然界の力を利用す

るので、天候や地形などの影響を受けます。

化石燃料に比べると不便なところもありますが、

再生可能エネルギーは環境破壊をおさえられ

ます。

私たちの周りにある無料なエネルギーを有効

利用できます。

化石燃料を運ぶことが大変な奥地や離島では

再生可能エネルギーが一番確実でコストもか

かりません。

再生可能エネルギーはなくなる心配がありません。

 

 

地球が存在する限り

 

化石燃料が今のような価格で利用できる期間は

あと100年程度とみられます。

私たち人間が出現してから現在までの期間は

30万年程度です。

これに対し、太陽、地熱、潮汐などの再生可能

エネルギーは、どれも数十億年は利用できる

でしょう。

太陽はあと50億年は輝き続けると言われてい

ます。

尽きることのないエネルギー源と言えます。

これら自然界のエネルギーを利用するには、

太陽電池や風力発電機などの機会も必要になり

ますが、これらを作る金属やガラスなどは

リサイクルできますし、プラスチックに必要な

石油は発電に使う量に比べるとはるかに少量

で済みます。

 

スポンサードリンク

 

再生可能エネルギーとは

太陽、地熱、潮汐を源とするエネルギーは

自然エネルギーとよばれ、

そのうち人類が持続的に利用できるものを

再生可能エネルギーと呼びます。

何千年と繰り返し使えるように、自然エネ

ルギーを上手に使う、再生可能エネルギー

です。

 

 

まとめ

現在、私たちが使っているエネルギーは

その8割以上が化石エネルギーです。

私たちは地球が何十億年もかけて貯めてきた

化石エネルギーを、わずかな時間で使い切ろう

としています。

化石エネルギーに頼る割合を減らし、環境にも

優しく、今後も使い続けていけるのが、再生

可能エネルギーです。

再生可能エネルギーは世界を変える力があり

ます。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。