エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

原子力発電と火力発電のメリット・デメリット

原子力発電は、電気を作る方法の

ひとつで、ウランという資源を利

用しています。

 

少ない量のウランで大量のエネルギー

を生み出すことから、資源の少な

い日本では欠かせない発電方法と

考えられてきました。

 

そこで今回は原子力発電のしくみに

ついてみてきましょう。

 

原子力発電の仕組みは火力発電によ

く似ています。

共通点と違いについて

解説していきます。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

蒸気で発電する

 

火力発電は、石油や石炭、天然ガス

などの燃料をボイラーでもやし、

出た熱で水を沸騰させ、蒸気を作り

ます。

 

この蒸気の力で発電用のタービンを

回し、発電機で発電する仕組みです。

 

原子力発電も、蒸気の力を利用して

発電する仕組みは火力発電と同じです。

火力発電と原子力発電では熱の発生の

仕方が違うのです。

 

原子力発電の燃料はウランです。

原子炉でウランに核分裂を起こさせる

と、高い熱エネルギーが生まれます。

 

この熱で水を沸騰させ、蒸気を作り

ます。

 

この蒸気の力で発電用のタービンを

回し、発電機で発電する仕組みです。

 

火力発電、原子力発電ともタービン

を回した蒸気は復水器と呼ばれる装

置でパイプを通した海水で冷まし、

蒸気から水に戻し、再び蒸気を作る

ために使われます。

 

 

スポンサードリンク

 

火力発電

火力発電では燃料の量を調節すること

によって、発電する電力の量を簡単に

変えることができます。

 

燃料と設備だけあればいつでも必要な

量の電気を作ることができるのです。

 

しかし、火力発電に問題点があります。

 

その一つは、化石燃料と呼ばれる石油

石炭などの資源を大量に消費してしま

うことです。

 

これらの資源が豊富にあるのは世界で

も限られた国にしかありません。

それもいつなくなってしまうか心配

されています。

また、化石燃料を燃やした時に発生

する二酸化炭素は、地球の温暖化の

原因になると言われています。

火力発電の燃料を日本ではほとんど

産出しないので、電力の供給を火力

発電ばかりに頼ることはできないの

で原子力発電が盛んになった理由で

す。

 

 

原子力発電

 

1970年代に石油輸出国が大幅に

石油の値段を上げた石油危機(オイ

ルショック)をきっかけに、火力発

電にかわって原子力発電が急速にの

びてきました。

1980年には、原子力発電の割合は

水力発電を下回っていましたが、

1990年代には全体の30%を超え

ました。

それに伴い、日本の電気使用量ものび

続けていきました。

 

まとめ

 

人類の歴史の中ではまだまだ使い始めた

ばかりの原子力。

爆弾や大量破壊兵器としての使い方が

大きく取り上げられているが

もっと別の使い方もあるはずです。

核のリサイクル、中間貯蔵施設など

今後の日本の方向性を理解して

情報を自分なりに判断して答えを出す

ことが重要です。

 

 

それでは、最後まで読んでくださって

 

どうもありがとうございました!^^

 

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。