エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

ハイブリッドカーの仕組み、どうやって動く?

ハイブリッドカーの仕組み、どうやって動く?

ハイブリッドカーとは、電気で動くモーター

と、ガソリンで動くエンジンの2つの動力を組み

合わせて走る自動車です。

深刻な地球環境の問題や、残り少なくなった

エネルギー資源の問題に対応するために

開発され、普及が進んでいます。

今回はハイブリッドカーについて見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

ガソリンカーとの違い

ガソリンカーはガソリンを爆発させることで、

エンジンが動き、その動力がタイヤに伝わって

走ります。

バッテリーは、ライトやワイパー、ラジオ

エアコンなどの電気系を動かしたり、エンジンを

動かしたりするのに使います。

一方ハイブリッドカーはガソリンエンジンと

電気モーターの効率の良いほうを使って動きます。

バッテリーの電力でモーターを回し、その動力で

タイヤを回して走ります。

バッテリーはニッケル水素バッテリーで、従来の

バッテリーの2倍の電力を持っています。

ハイブリッドカーはガソリンカーよりガソリンな

どの燃料を使わないので、二酸化炭素の排出量は

約半分です。

 

 

ハイブリッドカーの仕組み

ハイブリットカーは、動力分割機構、発電機

モーター、減速機を動かすことによって、効率

よく動きます。

エンジンは動力分割機構によって、車輪の駆動

と発電駆動にわかれます。

発電機は、エンジンの動力で電気が起こります。

発電した電気がモーターを動かしてタイヤを動か

します。

余った電気はバッテリーに送られ充電されます。

動力分割機構ではエンジンの動力をタイヤと

発電機に分ける役目をします。

また、発電機とエンジンの回転をコントロール

してスピードを調整します。

モーターに電気を送ると、回転して動力を発生し

回転することで発電機の役目も果たして発電します。

 

 

ハイブリットカーの動き方

 
スタートは電気で行います。

バッテリーの電力でモーターを回します。

走ると電気とガソリンを使います。

エンジンがかかり、タイヤと発電機を動かします。

モーターとエンジンを使い分けて、一番効率の良い

走り方を選択します。

加速で、エンジンに加え、バッテリーからの電力を

プラスして、モーターを動かし、力強く走ります。

アクセルを緩めたり、ブレーキを踏むとエンジンが

止まり、モーターが回転して、電気が起こります。

この電気は自動的に充電されます。

 

スポンサードリンク

 

最初の電気自動車

1873年にイギリスのR・ダビットソンが発明しま

した。

ガソリンカーは1886年に発明されたもので、電気自

動車のほうが13年も早かったのです。

しかし、ガソリンエンジンの性能が上がったことと

ガソリンの値段がさがって燃料として安定したので

ガソリンカーのほうが広まっていったのです。

 

 

まとめ

今回は酸性雨の仕組み

を見てきました。

20世紀は科学技術が急速に発達して、私たちの

生活は豊かになりました。

その反面、大気や海が汚れ、二酸化炭素などの

増加による、地球温暖化、酸性雨、ダイオキシン

などの問題が生まれました。

また、ごみの処理も問題になっています。

21世紀はこの地球を元通りにきれいにしなくて

はなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。