エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

燃料電池の仕組み。燃料電池が使われているものとは。

燃料電池の仕組み。燃料電池が使われているものとは。

燃料電池とは、水素と酸素を化学反応さ

せて電気を起こすものです。

ただし、普通の電池と違って、電気をため

ておくことはできません。

それでも、技術の開発と実用化に向けた実験

が進んでいます。

注目の新エネルギーです。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

燃料電池とは

燃料電池は、酸素と水素を化学反応させて

電気をつくります。

酸素は空気中から取り入れられますが、

水素は天然ガスやメタノールを改良してつくる

のが一般的です。

 

 

燃料電池の仕組み

水を電気分解すると、酸素と水素が発生します。

燃料電池は、逆に水素と酸素を反応させ、電気を

起こすものです。

マイナスの電極に水素を送ると、水素イオンに

なります。

プラスの電極に酸素を送ると、酸素イオンになり

ます。

水素イオンは電解液を通って、酸素イオンと反応

して水ができます。

 

 

燃料電池のメリット

燃料電池は、電気を起こすだけでなく、同時に

熱も利用することができます。

発電の時に、水しか出ないので、クリーンで

静かです。

 

燃料電池はこんなものに使われる

 

スペースシャトルに電気と水を供給するのに使わ

中型の燃料電池は、会社や地域の電力として

使われています。

小型のものは、家庭や自動車、船舶などの駆動源

として使われています。

まだまだ開発途中の燃料電池ですが、より高い技術

で普及できるように、研究が進められています。

この先、新しい技術が期待できます。

 

クリーンエネルギー

太陽電池・燃料電池・風力発電・廃棄物発電

廃棄物熱利用・天然ガスコージェネレーション

バイオマスなどは新エネルギーとして注目されて

います。

いずれも、石油や石炭、原子力、天然ガスに変わ

る新しいエネルギーとして研究・開発が行われ

普及が進んでいます。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

今回は燃料電池の仕組み

を見てきました。

20世紀は科学技術が急速に発達して、私たちの

生活は豊かになりました。

その反面、大気や海が汚れ、二酸化炭素などの

増加による、地球温暖化、酸性雨、ダイオキシン

などの問題が生まれました。

また、ごみの処理も問題になっています。

21世紀はこの地球を元通りにきれいにしなくて

はなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。