エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

ここがすごいよ太陽電池、その仕組みとは。

ここがすごいよ太陽電池、その仕組みとは。

太陽電池は、太陽の光をエネルギーとして

発電するものです。

限りある地球の資源を守るため、有害な物質を

出さない新しいエネルギーとして、注目されて

います。

太陽電池はもともと人工衛星で使われていまし

たが、現在では工場から一般家庭まで幅広く

使われています。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

太陽電池の仕組み

太陽電池の原料となるのは、シリコンと酸素

からできている硅石です。

ここから、酸素を抜いてシリコンだけを取り出し

ます。

シリコンを塊にして、薄く切ったものをウエハと

いい、これが電池のもとです。

ウエハに光が当たると電気が発生する様に加工

すると、電池の機能を持つ小さいセルができます。

セルをたて、横につなぎ合わせたものをモジュール

といいます。

そのモジュールの断面は上から、マイナス電極、反射

防止膜、N型シリコン、P型シリコン、プラス電極

太陽電池は光が当たると直流の電気が発生します。

 

 

電気が起こる仕組み

電気は、電子という目に見えない粒が動いておこり

ます。

つまり、電気は電子がないと起こらないのです。

太陽電池は、動かない電子に光を与えることによって

電子の動きをつくり、発電させるのです。

シリコンにN型とP型をつくります。

光が当たっていないときは、N型もP型も動いていない

ので、電気は流れません。

太陽に光が2種類のシリコンに届くと、プラス電子と

マイナス電子は動き出します。

マイナス電子はN型に、プラス電子はP型に集まり

ます。

N型に集まった電子がP型に移動をはじめます。

この時電気が起こるのです。

 

家庭の太陽電池

 

 

 

家庭では、屋根の上に太陽電池モジュールを

はめ込んだものが多く使われています。

屋根の上でできた電気は、接続箱で一つにまとめ

られ、パワーコンディショナーで直流の電気は

家庭で使える交流の電気に変えられます。

分電盤で家の隅々まで分配されます。

太陽電池の優れているところ

・日の当たる場所ならどこでも発電できるの

で、家の屋根がそのまま発電所になります。

電気を送る手間や、輸送のための費用も掛かりません。

・石油を使った電気とは違って、ものを燃やすこと

はないので、二酸化炭素などを出さないクリーンな

エネルギーです。

・エネルギーのもとは、無限に降り注ぐ太陽の光

なので、無くなる心配がありません。

スポンサードリンク

まとめ

今回は生ごみから作るたい肥の仕組み

を見てきました。

20世紀は科学技術が急速に発達して、私たちの

生活は豊かになりました。

その反面、大気や海が汚れ、二酸化炭素などの

増加による、地球温暖化、酸性雨、ダイオキシン

などの問題が生まれました。

また、ごみの処理も問題になっています。

21世紀はこの地球を元通りにきれいにしなくて

はなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。