エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

下水処理のしくみ

下水処理のしくみ

家庭や工場から出る汚水は地下に集め

られて、下水処理場できれいな水になる

ために処理が施されます。

きれいになった水は川や海にもどされ

川や海の汚れを防いでいます。

その仕組みを見ていきましょう

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

排水

家庭の台所、風呂、トイレなどや工場で

使われた水は下水道管に流れます。

下水が正しく処理されるために、なんで

も流さないでください。

・ゴミや油をそのまま流さない

・ガソリン、シンナーなどは流さない

・排水管を痛める原因になるので熱湯は流さない

 

 

下水道管

汚水は下水処理場まで下水道管を流れます。

水が流れやすいように、管は傾きがつけられ

ています。

管の大きさは、小さいものは直径25㎝ものから7m

ものまで、

丸いものや四角いものまであります。

 

 

ポンプ所

下水管が下向きになっているので、水は地面から

深い位置に集まります。

ポンプ所では、この水をくみ上げ下水処理所に

運ばれます。

 

沈殿池

下水管を通って流れてきた下水の中にはゴミや

砂が混ざっています。

このゴミや砂を沈ませます。

 

第一沈殿池

沈殿池で取り除くことができなかった細かい

汚れを時間をかけて沈めていきます。

 

 

曝気槽

微生物を含んだ泥を空気と混ぜて、微生物の

力で汚れを取り除きます。

下水のゴミは微生物が分解したり、身体に付けて

大きな塊になります。

 

第二沈殿池

曝気槽で大きな塊となったゴミは、再びしずめら

れます。

 

高度処理施設

代に沈殿池で取り切れなかった汚れを塩素で

消毒して取ります。

きれいになった水は川や海に流されます。

ゴミや汚れは汚泥処理場へ運ばれ、資源やエネルギー

として利用されます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

まとめ

今回は下水処理のしくみ

を見てきました。

20世紀は科学技術が急速に発達して、私たちの

生活は豊かになりました。

その反面、大気や海が汚れ、二酸化炭素などの

増加による、地球温暖化、酸性雨、ダイオキシン

などの問題が生まれました。

また、ごみの処理も問題になっています。

21世紀はこの地球を元通りにきれいにしなくて

はなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。