エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

食品発泡スチロールトレーのリサイクル

食品発泡スチロールトレーのリサイクル

トレーは、スーパーなどの食品売り場で

多く使われています。

とても多くの種類が使われています。

そのまま捨ててしまえばゴミですが、

リサイクルに回せば、いろいろなものに

活用されます。

食品トレーのリサイクルについて見ていきま

しょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

回収

スーパーの店頭などで回収された発泡スチロ

ール製トレーや容器は、各地区の選別センタ

ーに搬入されます。

 

 

分ける

運ばれてきたトレーは再生できないものを取り

除き、白トレーとカラートレーに分類します。

発泡スチロール製トレーの場合、選別工程には必

ず手作業が必要であり、もっとも時間と手間がか

かります。

 

洗う

機械できれいに洗われます。

洗い終わった水もきれいに浄水して、再びつかわ

れます。

 

砕く

洗い終わったトレーは乾かして細かく砕きます。

その後、再び洗われます。

 

 

ペレット

砕かれたものをさらに細かくして、200℃の

熱で溶かし、ペレットにします。

ペレットはお米くらいの大きさで、再生品の

原料になります。

再びトレーになったり、

テーブルセット、ハンガー、文具などになります。

 

 

まとめ

今回は発泡スチロールトレーのリサイクルの様子

を見てきました。

20世紀は科学技術が急速に発達して、私たちの

生活は豊かになりました。

その反面、大気や海が汚れ、二酸化炭素などの

増加による、地球温暖化、酸性雨、ダイオキシン

などの問題が生まれました。

また、ごみの処理も問題になっています。

21世紀はこの地球を元通りにきれいにしなくて

はなりません。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。