エネルギー研究所ー新たなエネルギーとは

天ぷら油でトラックが走る、微生物が分解するプラスチック

天ぷら油でトラックが走る、微生物が分解するプラスチック

バイオマスという言葉を聞いたことが

ありますか。

植物などの生物を利用した資源のことで

そこから得られる燃料をバイオ燃料と言います。

石油の代替エネルギーとして注目されています。

バイオ燃料のとは何か。

バイオ燃料の問題点についても見ていきましょう。

 

suponsarink
スポンサードリンク

 

 

トウモロコシで車が走る

トウモロコシやサトウキビ、使い古した廃材

などからガソリンに変わる燃料をつくる技術が

開発されています。

植物や廃材をアルコールや微生物を使って発酵

させて作ったバイオエタノールに、石油から

つくったイソブテンという物質を混ぜて使います。

排ガスから二酸化炭素は出ますが、トウモロコシ

の栽培過程で光合成によって吸収されます。

現在のところ、この燃料はガソリンに混ぜて

ガソリンスタンドで売られています。

まったく石油を使わないようになるにはまだ

先のことです。

 

 

天ぷら油からディーゼルエンジンの燃料

 

アブラナなどの植物の種を絞ってつくられ

た菜種油などは、天ぷらなどの食用のほか、

潤滑油としても使われます。この菜種油

をはじめ、大豆油、魚の油などを加工して

トラックやバスなどに使うディーゼルエンジン

の燃料をつくることもできます。

 

 

生分解性プラスチック

 

普通プラスチックは腐ったり、土に還ったり

しません。

生分解性プラスチックが開発されています。

生分解性プラスチックは微生物が分解して

、最後は水と二酸化炭素になる性質をもって

います。

生分解性プラスチックの原料はトウモロコシや

サトウキビから取れるデンプンのほか、石油

からもつくられます。

分解する微生物には、カビ菌や納豆菌などです。

 

 

スポンサードリンク

 

バイオ燃料の問題点

これら植物からつくられるバイオ燃料は、石油製

品に代わるものとして、期待されています。

しかし、今までの石油製品よりも値段が高くなって

しまったり、つくるのに時間もかかります。

また、製造過程で燃料に石油を使わなければならな

いのです。

さらに、世界的には食料が不足しており、トウモロ

コシを原料に使うことに問題があります。

まとめ

 

石油、石炭、天然ガスなどの化石資源は

近い将来無くなってしまう心配や

地球温暖化の問題は避けられません。

原子力には安全の問題が起きています。

期待される自然エネルギーはまだまだ力

不足です。

これら三つのエネルギーを無駄なく有効に

うまく利用する必要があります。

省エネルギーは重要なエネルギー資源と

いえます。

しかし、我々は化石資源や原子力に頼り切

った暮らしから、自然エネルギーに向かって

いかなくてはなりません。

太陽、風、森、海、これら自然のエネルギー

をたくさん使えるように技術を高めて、

世界に貢献していくことが求められます。

人類が抱えているエネルギー問題、

現在の暮らしを見つめなおして、

未来の暮らしをがんが得てみましょう。

それでは、最後まで読んでくださって

どうもありがとうございました!^^

よろしければシェアやコメント等

してくださると幸いです◎




スポンサーリンク





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。